セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

闇ウェブ

闇ウェブ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

セキュリティ集団スプラウト
ジャンル
新書
レーベル
文春新書
シリーズ
闇ウェブ(文春新書)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年07月29日
ページ概数
177 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

買えないものは何もない! 悪魔のネットショッピング。
麻薬、児童ポルノ、偽造パスポート、偽札、個人情報、サイバー攻撃、殺人請負、武器……「秘匿通信技術」と「ビットコイン」が生みだしたサイバー空間の深海にうごめく「無法地帯」の驚愕の実態! 私たちの生活を便利にしてくれるインターネットの奥底には異様な世界があった。自分の家族や会社を守るための必読書。

【おもな目次】
■序 章 現実社会を動かすサイバー空間■

■第1章 サイバー闇市場の実態■
検索エンジンの届かない世界/麻薬の一大取引所/偽造パスポート、偽札、児童ポルノ、殺人請負 など

■第2章 盗まれた個人情報の行方■
世界中で売買される個人情報の値段/医療・保険データは「カネになる」/流出情報が「成りすまし」に使われる? など

■第3章 サイバー闇市場へのアクセス■
ダークウェブを形作る匿名通信ツール「Tor」/闇市場を拡大させた「ビットコイン」/悪のマーケットプレイス など

■第4章 「Tor」と捜査機関の攻防■
遠隔操作ウイルス事件と日本警察/アメリカの諜報機関も頭を悩ます/Torにも弱点がある!? など

■第5章 最大の闇市場「シルクロード」の黒幕逮捕■
史上最悪のサイバー闇市場/8000万ドル荒稼ぎした黒幕「ウルブリヒト」の素顔/取り沙汰された「マウントゴックス」との関係 など

■終 章 終わりなきサイバー犯罪との戦い■
盗まれたFBI長官の個人情報/日本のサイバーセキュリティ体制の現実/医療ビッグデータのリスク/フィンテックも危ない など

これもおすすめ! ( / )

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
副業のススメ―週刊東洋経済eビジネ...

140円(+税) (05/11まで)

週刊東洋経済編集部

週刊東洋経済eビジネス新書

オトク!!

新書

  • Check!
  • カートに入れる
算数・数学が得意になる本

420円(+税) (05/04まで)

芳沢光雄

講談社現代新書

オトク!!

新書

  • Check!
  • カートに入れる
数学的思考法 説明力を鍛えるヒント

420円(+税) (05/04まで)

芳沢光雄

講談社現代新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
戦争にチャンスを与えよ

788円(+税)

エドワード・ルトワック/奥山真司

文春新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捨てられる銀行2 非産運用

750円(+税)

橋本卓典

講談社現代新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
損する結婚 儲かる離婚

740円(+税)

藤沢数希

新潮新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
はじめての森田療法

490円(+税) (04/27まで)

北西憲二

講談社現代新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
臆病者のための株入門

743円(+税)

橘玲

文春新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
闇ウェブ

741円(+税)

セキュリティ集団スプラウト

文春新書

価格
741円 (+税)
800円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:7コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
441 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ランキング

    週間

    ページ先頭へ

    本文の終わりです