ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

Lightning 2020年1月号 Vol.309

あらすじ・内容

早いもので、今年もあと1カ月。何かと忙しい季節であるが、年末はギフトやボーナスシーズンだけに、買い物への意欲が自然と高まる人も多いはず。この1年、頑張った自分にご褒美だってしたい。そこで限定モノをはじめ、フルオーダーから色替えカスタムまで自分好みに注文できるオーダーメイド。大切にしてきたアイテムを新しいプロダクツとして作り替えるカスタムメイドなども紹介。さらには自作キットといった、とにかく人とは被らないアイテムを集めてみた。さぁ、今月号を熟読して物欲を刺激したら、一年に一度の究極の買い物をしにいこう!
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
※紙版掲載の記事「新たな4銘柄の“味わい”が登場!」及び「Put on Tags」内の一部については掲載しておりません。

電子書籍
価格

800(税込)

727円 (+消費税73円)

付与コイン
7(*詳細)

作品情報

シリーズ
Lightning シリーズ
著者
レーベル
――
出版社
ヘリテージ
カテゴリ
実用
ページ概数
216
配信開始日
2019/11/30
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 Lightning 2022年1月号 Vol.333

著者: ライトニング編集部

アメリカンカルチャーをベースに、人、こと、モノにちょっとうるさい視点でファッションかたライフスタイルまでに着目するライトニング。最新号はレザージャケット(革ジャン)に焦点を当てます。レザージャケットの醍醐味は、手に入れたばかりは革も硬く、しっくりとこないモノなのに、着込んでいくと革がカラダのラインや動きフィットし、革自体が波打ち表情を増していくだけでなく、こすれることが多い部分はアタリや褪色が生まれ、長く付き合えば付き合うほど、自分だけの1着へと経年変化していくことに尽きます。事実、レザージャケットをリリースするブランドもそれぞれのデザインやスタイルに合わせて、着込んでいくことで風合いが増すレザーのチョイスにこだわっていることも珍しくありません。いわばレザージャケットは買った瞬間よりも、長く付き合っていくことで本質がわかる服としてはるか昔から存在しているスタンダードなアイテムといえます。そんなレザージャケットは、飛行服、ワークジャケット、スポーツジャケット、それにミュージシャンに愛されることでファッションアイテムとして存在するモノまで多種多様。それらを体系別に解説しながら、今シーズン挑戦したいコーディネイトまで網羅。さらにはレザージャケットの愛好家やプロたちを取材するなど、単なる商品カタログではない奥行きのある内容でお届けします。まら第2特集は「ファン・トゥ・ライド」をテーマにした自転車特集。それぞれの自転車の特性やスタイル別の新車情報はもとより、自転車を使った趣味性の強いアクティビティや、ファッション感度の高い人たちの愛車スナップなど、ヴィンテージから最新のEバイクまで網羅した内容でお送りします。

価格

800(税込)

727円 (+消費税73円)

「Lightning シリーズ」シリーズ作品一覧(全95冊)

509円〜800(税込)

  • 実用 Lightning 2022年1月号 Vol.333

    アメリカンカルチャーをベースに、人、こと、モノにちょっとうるさい視点でファッションかたライフスタイルまでに着目するライトニング。最新号はレザージャケット(革ジャン)に焦点を当てます。レザージャケットの醍醐味は、手に入れたばかりは革も硬く、しっくりとこないモノなのに、着込んでいくと革がカラダのラインや動きフィットし、革自体が波打ち表情を増していくだけでなく、こすれることが多い部分はアタリや褪色が生まれ、長く付き合えば付き合うほど、自分だけの1着へと経年変化していくことに尽きます。事実、レザージャケットをリリースするブランドもそれぞれのデザインやスタイルに合わせて、着込んでいくことで風合いが増すレザーのチョイスにこだわっていることも珍しくありません。いわばレザージャケットは買った瞬間よりも、長く付き合っていくことで本質がわかる服としてはるか昔から存在しているスタンダードなアイテムといえます。そんなレザージャケットは、飛行服、ワークジャケット、スポーツジャケット、それにミュージシャンに愛されることでファッションアイテムとして存在するモノまで多種多様。それらを体系別に解説しながら、今シーズン挑戦したいコーディネイトまで網羅。さらにはレザージャケットの愛好家やプロたちを取材するなど、単なる商品カタログではない奥行きのある内容でお届けします。まら第2特集は「ファン・トゥ・ライド」をテーマにした自転車特集。それぞれの自転車の特性やスタイル別の新車情報はもとより、自転車を使った趣味性の強いアクティビティや、ファッション感度の高い人たちの愛車スナップなど、ヴィンテージから最新のEバイクまで網羅した内容でお送りします。

    価格

    800(税込)

    727円 (+消費税73円)

  • 実用 Lightning 2021年12月号 Vol.332

    秋になるとついつい恋しくなるのがブーツの存在。ひとくちにブーツと言っても、スーツに合わせられるドレス系から、カジュアルに楽しめるワーク系とありますが、本誌ではカジュアルに楽しめるワーク系ブーツがターゲット。しかも、ストレートに今買える注目モデルを紹介するのではなく、履き込んだブーツをメインに紹介する企画になっています。というのもブーツは履き込んでからこそ、本当のカッコ良さや美しさが見えてくるアイテム。レザーの質感や、穿くことで生まれるシワや、つま先の反り返り、シャフトの馴染み方など、新品では想像が付かない経年変化を、各ブランドの履き込みサンプルやブーツ愛好家のスナップで紹介。そんな新たな視点で展開されるブーツ特集は、ブーツ本来のカッコ良さを再確認できる内容になっています。第二特集はここ最近注目されている多肉植物から始まり、珍奇なフォルムが特徴の塊根植物を中心としたグリーンインテリアたち。そのさらにその進化形ともいえる「グリーンたちの枯れ感」に注目した第二特集。ドライフラワーから鉢植えの塊根植物まで、一歩先行く新たな潮流に着目。実際にこれから実戦したい塊根植物の種類や、インテリアとして機能するドライフラワーの魅力や、珍奇な造形がファンに愛される木の実など、乾いて枯れたグリーンの奥深さを特集します。※デジタル版には、紙版の特別付録は含まれません。

    価格

    800(税込)

    727円 (+消費税73円)

  • 実用 Lightning 2021年11月号 Vol.331

    巻頭特集はファッションとしてワークウエアを深掘り。かつてアメリカでペインターや建設業、それに農業などに従事していた人たちがユニフォームとして着ていたワークウエアは、耐久性の高い素材、機能的なデザイン、それにガンガン着用するとより雰囲気が増すなど、現代のウエアにはない良さがある。事実そんな旧きよきワークウエアをデザインソースに、現代にも多くのプロダクツが生まれています。そんなワークウエア由来のファッションアイテムに注目。時代によって、シルエットがキレイだったり、ワイルドだったり、はたまた素材になる生地の雰囲気だったりとそのスタイルは多種多様。ワークウエアはガンガン着用してくたびれてもカッコいいし、アウトドアやDIYのときにも使えるなど、実は万能服。ファッションのみならずリアルワーカーの着こなしまで。この秋はワークウエアが熱いんです。第二特集は普段から毎日のように飲んでいるコーヒーをふフィーチャー。朝起きてからの1杯はもちろん、ちょっとした休憩のお供にも、食後にもコーヒーはいつもそばにいる。そんなコーヒーをもっとおいしく、楽しく飲むための第二特集。基礎知識から、ちょっとうるさいドリップの方法。それに焙煎やコーヒーを淹れる道具、さらには飲むカップにもこだわってみようという特集です。さらに巻末ではライフスタイルに一家言ある人たちの思い入れのある私物を誌上フリーマーケットに出品するという人気企画が再び登場。モノと人とのストーリーを含めて多くの一点物を多数紹介するだけでなく、実際に購入できるスペシャル企画になっています。

    価格

    800(税込)

    727円 (+消費税73円)

  • 実用 Lightning 2021年10月号 Vol.330

    昔から慣れ親しんできた古着の魅力は、今の時代にない雰囲気やデザイン、それに素材感など、好きな人にとっては常に気になる存在。でも最近では若い世代にも古着が好きな人が増え、かつての古着ブームが再燃しているような現状。そのスタイルはかつての古着ブームとはまた少し違うけど、ファッションとして古着を取り入れることは変わらない。そんな今っぽい古着から、往年のヴィンテージウエア、それにアンティークまで、今の古着ブームを大人の世代でも楽しめる「新しい」遊び方を提案。今、狙い目の古着アイテムや、マイナーブランドの古着、それにちょっと視点を変えたコレクション指南など、ファッションだけでなくラフスタイルを充実させてくれる古着、アンティークの、あの頃とは違った楽しみ方を提案。また今再び増え続けている東京の古着店にも注目。名物スタッフたちの今っぽい古着コーディネイトを紹介。ヴィンテージだからといって、変に構えることなく、肩肘張らずに自然体で古着やアンティークとつき合っている人たちのスタイルはファッションとして古着を取り入れたい人には参考になるはず。また、第二特集はここ最近注目のハイボールにスポットを当てる。ハイボールというとウイスキーをソーダで割るイメージが強いけれど、その意味は、ソーダで割ったお酒の総称。手軽に飲めて、自分でもカスタムすることで、お気に入りのレシピを探究できる奥が深いお酒だったりする。そんなハイボールの楽しみ方をシチュエーションや、メインとするお酒の種類、それに今っぽいレシピの紹介まで紹介。掘ると意外とハマるハイボールに、お酒の楽しみ方がまたひとつ増えることはまちがいない。

    価格

    800(税込)

    727円 (+消費税73円)

  • 実用 Lightning 2021年9月号 Vol.329

    家にいる時間が長くなった昨今、自分の居場所をより充実させようと、住まいについて考える人が増えている。誰かがデザインした家だけど、もっと自分らしい「何か」を加えることによって、住み心地の良い、自分らしい空間へとカスタムすることは、ここ最近のホームセンターの盛況ぶりを見てもよくわかる。でも、一体どのような感じにすればいいかと悩みに悩んで、結局そのまま考えているだけで、実践していないなんていう人も多い。そんな思いを行動に起こせる今回の特集は、プロのワザからDIY、それにちょっとしたセンスで空間を変えるテクニックまで紹介。 リノベーション、アップデート、それに新築まで、あらゆる住まいの空間を自分らしく演出している人たちのライフスタイルから、それを実現してくれるプロ集団、それに小物を使って自分でもできるちょっとしたDIYのアイデアまで、用意された空間では満足できない人たちだけでなく、普段何気なく生活している空間をもっと自分らしくカスタムするヒントを紹介。リビング、書斎、コレクションルーム、 それにガレージや庭など、住まいに手を加えることで、居住空間をより自分らしく、そしてカッコ良くできる巻頭特集。第二特集では、外遊びの達人たちが選ぶモノ。 本気で外遊びの趣味を満喫する人たちのファッション、ツール、ギアを始めとしたライフスタイルに迫る。

    価格

    800(税込)

    727円 (+消費税73円)

付与コインの内訳

7コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「Lightning 2020年1月号 Vol.309」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報