セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

問答無用 鬼は徒花

問答無用 鬼は徒花-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
稲葉稔
ジャンル
文芸
レーベル
徳間文庫
シリーズ
問答無用
出版社名
徳間書店
配信開始日
2015年10月09日
ページ概数
239 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

極悪非道な盗賊の頭“黒緒の金松”を葬るよう密命を受けた佐久間音次郎は居所を探るため、再び牢屋敷に戻ることになった。牢内で掴んだ手がかりをもとに奔走する。そんな音次郎にある知らせが届いた。ついに妻子殺しの真相が明らかに!?

「問答無用」シリーズ ( 8 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
問答無用

590円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
問答無用 三巴の剣

590円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
問答無用 鬼は徒花

590円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
問答無用 亡者の夢

590円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
問答無用 孤影の誓い

590円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
問答無用 雨あがり

629円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
問答無用 陽炎の刺客

629円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
問答無用 流転の峠

629円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
圓朝謎語り

638円(+税)

稲葉稔

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
裏店(うらだな)とんぼ~研ぎ師人情...

日本国内のみ販売

稲葉稔

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
思案橋捕物暦

476円(+税)

稲葉稔

学研M文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
こおろぎ橋~研ぎ師人情始末(十二)...

日本国内のみ販売

稲葉稔

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
さばけ医龍安江戸日記 名残の桜

619円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
浜町堀異変~剣客船頭(十)~

日本国内のみ販売

稲葉稔

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
剣客船頭

日本国内のみ販売

稲葉稔

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
糸切れ凧(だこ)~研ぎ師人情始末(...

日本国内のみ販売

稲葉稔

光文社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
問答無用 鬼は徒花

590円(+税)

稲葉稔

徳間文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
590円 (+税)
637円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら176コイン(※)
5 + 171コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
290 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです