セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

龍神裁き~裏火盗罪科帖(三)~

龍神裁き~裏火盗罪科帖(三)~-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

吉田雄亮
ジャンル
文芸
レーベル
光文社文庫
シリーズ
裏火盗罪科帖(光文社文庫)
出版社名
光文社
配信開始日
2016年02月12日
ページ概数
282 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

「裏火盗」は火盗改メ・長谷川平蔵が、差配違いに関わりなく悪を断ずる軍団として結成した組織である。御頭は結城蔵人。凶盗・尾鷲の銀蔵の相次ぐ畜生盗みを阻止すべく、暗躍する謎の気儘頭巾の一群。続発する旗本一族郎党皆殺し毒殺事件。江戸町民を人質に、幕府から五万両を強請る龍神とは……? 大好評“裏火盗罪科帖”シリーズ第3弾!

裏火盗罪科帖(光文社文庫) ( 10 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
修羅裁き~裏火盗罪科帖(一)~

500円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夜叉裁き~裏火盗罪科帖(二)~

500円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
龍神裁き~裏火盗罪科帖(三)~

500円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鬼道裁き~裏火盗罪科帖(四)~

600円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
閻魔裁き~裏火盗罪科帖(五)~

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
観音裁き~裏火盗罪科帖(六)~

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
火怨裁き~裏火盗罪科帖(七)~

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
転生裁き~裏火盗罪科帖(八)~

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鬼神舞い~黄門黒衣組(一)~

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
留守居役日々暦

640円(+税)

吉田雄亮

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
松風の香 留守居役日々暦

680円(+税)

吉田雄亮

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
家宝失い候~盗人奉行お助け組(二)...

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
弁天殺 投込寺闇供養(二)

500円(+税)

吉田雄亮

祥伝社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
落葉の虹 留守居役日々暦

600円(+税)

吉田雄亮

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
花魁殺 投込寺闇供養

500円(+税)

吉田雄亮

祥伝社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
侠盗組鬼退治

558円(+税)

吉田雄亮

実業之日本社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
龍神裁き~裏火盗罪科帖(三)~

500円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

価格
500円 (+税)
540円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:5コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
200 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです