セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官

メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

川瀬七緒
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
法医昆虫学捜査官
出版社名
講談社
配信開始日
2015年11月27日
ページ概数
386 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

東京都西多摩で、男性のバラバラ死体が発見される。岩楯警部補は、山岳救助隊員の牛久とペアを組み捜査に加わった。捜査会議で、司法解剖医が出した死亡推定月日に、法医昆虫学者の赤堀が異を唱えるが否定される。他方、岩楯と牛久は仙谷村での聞き込みを始め、村で孤立する二つの世帯があることがわかる。息子に犯罪歴があるという中丸家と、父子家庭の一之瀬家だ。──死後経過の謎と、村の怪しい住人たち。残りの遺体はどこに!

(c)川瀬七緒/講談社

法医昆虫学捜査官 ( 5 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官

820円(+税)

川瀬七緒

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官

1200円(+税)

川瀬七緒

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
法医昆虫学捜査官

770円(+税)

川瀬七緒

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
水底の棘 法医昆虫学捜査官

820円(+税)

川瀬七緒

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官

1200円(+税)

川瀬七緒

――

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
よろずのことに気をつけよ

762円(+税)

川瀬七緒

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
桃ノ木坂互助会

670円(+税)

川瀬七緒

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
女學生奇譚

1280円(+税)

川瀬七緒

――

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説屋sari-sari 2016...

50円(+税) (03/02まで)

小説屋sari-sari編集部編

小説屋sari-sari

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
皿の上の聖騎士〈パラディン〉2 ―...

420円(+税) (02/23まで)

三浦勇雄/屡那

NOVEL 0

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説屋sari-sari 2016...

50円(+税) (03/02まで)

小説屋sari-sari編集部編

小説屋sari-sari

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

270円(+税) (03/02まで)

太田紫織

角川文庫

NEW!

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
有頂天家族 二代目の帰朝

680円(+税) (02/23まで)

森見登美彦

幻冬舎単行本

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官

1200円(+税)

川瀬七緒

――

価格
1200円 (+税)
1296円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:12コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
900 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです