ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

「高空の三式戦 飛燕」 (横組み)

価格
250円 250 (+税)
獲得コイン
2 コイン

獲得コイン2コインの内訳

通常購入分
2コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
※この商品は、お持ちの端末もしくはビューアによって見え方が変わってきますが基本的には【横組】で表示されます。別売で【縦組】でも表示される同商品がございますのでご購入の際はご注意ください。

ワクロー3の執筆による航空戦記小説。
大東亜戦争末期、陸軍三式戦闘機「飛燕」は、強靭な機体に液冷エンジンを搭載した優れた戦闘機だったが、戦局の悪化に伴い、空対空体当たり攻撃に用いられるようになった。
基礎工業力に劣るわが国が生み出した液冷発動機ハ40を使った機体は、発動機の保守と整備に難があり、量産の初期段階で、ニューギニアなど遠隔地の南方戦線に配備したために、稼働率が低いことが難点になったと伝わる。
戦記に残る「飛燕」と言えば、帝都防空を任務にしていた飛行244戦隊の活躍を報じた新聞報道を通じてある。本土を無差別爆撃するB29に対抗して、この本で描いたような「飛燕」による「空対空体当たり攻撃」を任務とする部隊が実際に編成された。
この体当たり攻撃は、艦船を目標にした必死攻撃の特別攻撃隊とは異なり、落下傘降下して生還する可能性もあったが、多くの犠牲が出た決死攻撃である。自由にならない高空での体当たりは、非常に困難だったとの証言が残る。

(C)ワクロー3/

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「「高空の三式戦 飛燕」 (横組み)」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
43

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/5/31
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「「高空の三式戦 飛燕」 (横組み)」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面