セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

運河の街の恋【ハーレクイン・セレクト版】

運河の街の恋【ハーレクイン・セレクト版】-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
ベティ・ニールズ
翻訳者
橋由美
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
ハーレクイン・セレクト
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2016年07月14日
ページ概数
155 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

アラミンタはオランダで医師マーカスの幼い甥の世話をすることになった。ドクターはいつもよそよそしく他人行儀なのに、アラミンタは彼を愛し始めてしまう。

看護師の研修を数週間後に控えたアラミンタ・ポンフリーに、知人から思いがけない仕事が舞い込んだ。オランダ人の医師がしばらく6歳の双子の甥を預かることになり、その世話係に、アラミンタが推薦されたというのだ。ドクター・マークス・ファン・ダ・ブローというその医師は、予想外に若くハンサムで、彼女はひと目で好意を抱いた。胸躍る外国生活、かわいらしい子どもたちとの楽しい日々。だがアラミンタに対するドクターの態度は常に冷たく、ドクターを愛し始めてしまった彼女は、人知れず苦しむ。彼にとっては“ミス・ポンフリー”など、永遠に他人なのだと。■健気に気丈に子どもたちの世話をするアラミンタ。たとえその胸の内は報われない恋に泣いていても。ところがドクターの胸にも、彼女には計り知れぬ想いが生まれていたようですよ……。
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
愛に気づかずにマンガ

500円(+税)

ベティ・ニールズ/くればやし月子

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
運命の鎖

500円(+税)

ベティ・ニールズ/鈴木のえ

ハーレクイン・クラシックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
あなたのいる食卓

600円(+税)

ベティ・ニールズ/永幡みちこ

ハーレクイン・イマージュ

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
悲しきシンデレラマンガ

500円(+税)

ベティ・ニールズ/百瀬なつ

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
愛が始まる日

500円(+税)

ベティ・ニールズ/竹本祐子

ハーレクイン文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
あなたが遠くて

600円(+税)

ベティ・ニールズ/松本果蓮

ハーレクイン・イマージュ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
愛は深く静かに

600円(+税)

ベティ・ニールズ/泉由梨子

ハーレクイン・イマージュ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
雨が連れてきた恋人

600円(+税)

ベティ・ニールズ/深山咲

ハーレクイン・イマージュ

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
運河の街の恋【ハーレクイン・セレク...

500円(+税)

ベティ・ニールズ/橋由美

ハーレクイン・セレクト

コインUPキャンペーン対象商品
価格
500円 (+税)
540円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら150コイン(※)
5 + 145コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
200 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです