セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年

原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

堀川惠子
ジャンル
実用
レーベル
文春e-Books
シリーズ
原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年(文春e-book)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年06月24日
ページ概数
398 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

広島の平和記念公園の片隅に小さな塚がある。「原爆供養塔」だ。その地下には引き取り手のない原爆被害者の遺骨が収められている。その数、七万柱。この塚を半世紀にわたって守ってきた女性がいた。佐伯敏子さんだ。被爆者のひとりである佐伯さんは、供養塔に日参し、塚の掃除をし、訪れる人に語り部として原爆の話をしてきた。そればかりか、ひとり納骨名簿を調べ、骨壺を一つ一つ点検し、遺骨を家族のもとへ返していく作業を続けてきた。その姿勢が行政を動かし、多くの遺骨の身元が判明する。98年に佐伯さんは病に倒れ、寝たきりになってしまう。著者は佐伯さんと同じように供養塔の中の、名前が判明している「816」の遺骨の行方を追う作業を始めた。名前、年齢、住所まで書かれているのに、なぜ引き取り手が現れないのか?  そんな疑問から始まった取材は、行政のお役所的対応やプライバシーの問題、そして70年の歳月という分厚い壁に突き当たる。存在しないはずの「番地」や「名前」。祀られたはずの死者が「実は生きていた」ことも。遺骨をめぐる遺族間の争い。そして名簿のなかの朝鮮人労働者の存在。そして、あの劫火の中、死者たちの名前を記録した少年特攻兵たち。あの日、広島で何が起きたのか? 日本は戦後70年、その事実と本当に向き合ってきたのか。これまで語られることのなかったヒロシマ。原爆供養塔、そこに眠る死者たちの物語。2016年、大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1119 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃大王 2017年5月号

日本国内のみ販売

電撃大王編集部

電撃大王

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
食材の切り方便利帖

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
anan (アンアン) 2017年...

426円(+税)

anan編集部

――

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ひとり暮らしの簡単!自炊BOOK

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年4月10日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊 東京ウォーカー+ 2017年...

269円(+税)

TokyoWalker編集部

Walker

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年

1389円(+税)

堀川惠子

文春e-Books

価格
1389円 (+税)
1500円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:13コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1089 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです