ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年

価格
1389円 1,389 (+税)
獲得コイン
今なら 415 コイン 2017/11/25 09:59まで

獲得コイン415コインの内訳

通常購入分
13コイン
コインUPキャンペーン分
+402コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
広島の平和記念公園の片隅に小さな塚がある。「原爆供養塔」だ。その地下には引き取り手のない原爆被害者の遺骨が収められている。その数、七万柱。この塚を半世紀にわたって守ってきた女性がいた。佐伯敏子さんだ。被爆者のひとりである佐伯さんは、供養塔に日参し、塚の掃除をし、訪れる人に語り部として原爆の話をしてきた。そればかりか、ひとり納骨名簿を調べ、骨壺を一つ一つ点検し、遺骨を家族のもとへ返していく作業を続けてきた。その姿勢が行政を動かし、多くの遺骨の身元が判明する。98年に佐伯さんは病に倒れ、寝たきりになってしまう。著者は佐伯さんと同じように供養塔の中の、名前が判明している「816」の遺骨の行方を追う作業を始めた。名前、年齢、住所まで書かれているのに、なぜ引き取り手が現れないのか?  そんな疑問から始まった取材は、行政のお役所的対応やプライバシーの問題、そして70年の歳月という分厚い壁に突き当たる。存在しないはずの「番地」や「名前」。祀られたはずの死者が「実は生きていた」ことも。遺骨をめぐる遺族間の争い。そして名簿のなかの朝鮮人労働者の存在。そして、あの劫火の中、死者たちの名前を記録した少年特攻兵たち。あの日、広島で何が起きたのか? 日本は戦後70年、その事実と本当に向き合ってきたのか。これまで語られることのなかったヒロシマ。原爆供養塔、そこに眠る死者たちの物語。2016年、大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年(文春e-book)」シリーズ作品一覧(1冊)

1,389(+税)

原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年(文春e-book)のシリーズ詳細ページへ

「原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
398

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/6/24
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面