セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

オトク!!

電子書籍(デジタルコンテンツ)

獅子皇と異端の戦巫女ラノベ

獅子皇と異端の戦巫女-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • 試し読み増量中
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

読書ノート、「読み終えた後は」画面、「読書情報」画面で評価をつけることができます。

著者
朝凪シューヤ
イラスト
そりむらようじ
ジャンル
ライトノベル
男性向け
試し読み増量中
レーベル
ファミ通文庫
シリーズ
獅子皇と異端の戦巫女(ファミ通文庫)
出版社名
KADOKAWA / エンターブレイン
配信開始日
2016年07月30日
ページ概数
278 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

異界の少女とともに、今度こそ世界を救う――!

世界に再び危機が迫る時――英雄は最強の美少女を覚醒させる! 二百年ごとに復活する世界の敵『 災禍の翠蛇 』。対抗できるのは最強の術者、凪姫のみ。少年ウィズは六人の凪姫を率い翠蛇を倒したが――。五年後、平和を謳歌していたウィズに届いたのは『災禍の翠蛇』復活の兆候と、凪姫たちが消息を絶ったという最悪の報せだった! ウィズは唯一残っていた凪姫メロフィーユと共に、凪姫たちを探す旅に出る。しかしそこで出会ったのは異界から召喚された魔神の少女で――!? 最強の美少女たちと紡ぐ二度目の英雄譚!

(C)Syuya Asanagi 2016

第18回えんため大賞フェア

ファミ通文庫2月の配信作品

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
寄生してレベル上げたんだが、育ちす...

1200円(+税)

伊垣久大/そりむらようじ

カドカワBOOKS

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サディスティックムーンライトノベル

590円(+税)

出口きぬごし/そりむらようじ

電撃文庫

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
アッパーガールズ! 1マンガ

524円(+税)

そりむらようじ

チャンピオンREDコミックス

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 完結
  • 限定特典
結局、ニンジャとドラゴンはどっちが...ライトノベル

580円(+税)

伊達康/そりむらようじ

MF文庫J

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
奈落英雄のリベリオンライトノベル

567円(+税)

朝凪シューヤ/夕薙

ファミ通文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
もう中二病でもいいもんっ!ライトノベル

570円(+税)

翡翠ヒスイ/そりむらようじ

電撃文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 先行販売
【合本版】ドレスな僕がやんごとなき...ライトノベル

3912円(+税)

野村美月/karory

ファミ通文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 先行販売
【合本版】ヒカルが地球にいたころ…...ライトノベル

4512円(+税)

野村美月/竹岡美穂

ファミ通文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

オトク!!

削除

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 試し読み増量中
獅子皇と異端の戦巫女ライトノベル

295円(+税) (03/02まで)

朝凪シューヤ/そりむらようじ

ファミ通文庫

価格
295円 (+税)
319円 (税込) (※)
(03/02 23:59までの価格です)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:2コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
0 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです