セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

情報機関を作る 国際テロから日本を守れ

情報機関を作る 国際テロから日本を守れ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

吉野準
ジャンル
新書
レーベル
文春新書
シリーズ
情報機関を作る 国際テロから日本を守れ(文春新書)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年06月24日
ページ概数
214 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

東京五輪、サミットは大丈夫なのか?いま地球上をテロの嵐が吹きまくっている。国際テロ組織を抑え込む特効薬はインテリジェンス(情報)しかない。情報収集と防諜の極意を元警視総監が明かす!テロリストを制圧する秘密兵器……それは「情報」である。世界で発生するテロは、年間1万件以上にも及ぶ。だが、情報機関が未然に防いだテロ計画は、この数倍にものぼると言われている。テロリスト摘発のため、情報機関は尾行や監視などあらゆる手段を駆使し、ときにはテロ組織にスパイを潜入させて人的情報(ヒューミント)を収集する。作業はすべて隠密裏に遂行され、成果が華々しく報道されることはまずない。著者は警察時代、公安・外事畑を長く歩み、テロ組織や外国スパイとの闘いに明け暮れてきた。北朝鮮拉致工作員を追い詰めるために、コードネーム「パンドラ」作戦も指揮した経験をもつ。本書では今だからこそ明かせる体験や、過去の大物スパイの実例など豊富なエピソードを紹介しつつ、日本も早急に情報機関を作り、情報収集と防諜の態勢を整えるべしと説く。東京オリンピックや伊勢志摩サミットを控え、日本にもテロの脅威がしのびよる。中国や北朝鮮、ロシアなどのスパイ行為もいまだに活発におこなわれている。経済スパイ行為も止む気配がない。「情報」に甘い日本人への警告に満ちた一冊。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
異世界転生して勇者になろう! アン...

600円(+税)

板垣 ハコ/米田和佐/真西 まり/田村 ヒロ/オンディ

REXコミックス

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
戦国の陣形

650円(+税)

乃至政彦

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
日本人のための日本語文法入門

600円(+税)

原沢伊都夫

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
誰も教えてくれない人を動かす文章術

600円(+税)

齋藤孝

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
官能艶語録 厳選1400手

700円(+税)

官能艶語録研究会

サクラ新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
皇軍兵士の日常生活

650円(+税)

一ノ瀬俊也

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世界史を変えた薬

600円(+税)

佐藤健太郎

講談社現代新書

コインUP

新書

  • Check!
  • カートに入れる
科学する麻雀

600円(+税)

とつげき東北

講談社現代新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
情報機関を作る 国際テロから日本を...

741円(+税)

吉野準

文春新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
741円 (+税)
800円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら221コイン(※)
7 + 214コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
441 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです