ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

木戸の口封じ 大江戸番太郎事件帳

著者
喜安幸夫
価格
500円 500 (+税)
獲得コイン
5 コイン

獲得コイン5コインの内訳

通常購入分
5コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

世に言う天保の大飢饉の最中のことである。四ツ谷左門町の木戸番・杢之助は裏手の寺で密かに高利貸しが行われ、その金を狙った盗賊一味が押し入るという情報を得る。浪人の榊原真吾と杢之助は数人を捕らえるが、逃がした賊の中に杢之助の知られたくない過去を見破った者がいた。生かしておけぬ相手を葬り去る策とは!?

四ツ谷左門町の木戸番・杢之助は近くの蓮青寺というこぢんまりとした寺が裏で阿漕な高利貸しを続けているという噂を聞く。数日後、その蓮青寺に盗賊が入るが、それはかつて借財のせいでお家断絶に追い込まれた旗本の息子の仇討ちでもあった。事前に状況を察知した杢之助は浪人の榊原真吾とともに現場に乗り込み、旗本に助勢する。しかしその時、逃げ延びた盗賊の一人に必殺の足技を見られたらしい。その後、杢之助の過去を知った男が木戸番小屋に…。新たな身の危険にどう対処するか。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「木戸の口封じ 大江戸番太郎事件帳」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
246

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2014/12/4
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「大江戸番太郎事件帳」シリーズ作品一覧(19冊)

463円〜500(+税)

大江戸番太郎事件帳のシリーズ詳細ページへ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面