セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

K体掌説

K体掌説-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

九星鳴
ジャンル
文芸
レーベル
文春e-Books
シリーズ
K体掌説(文春e-book)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年06月24日
ページ概数
166 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

「ぞくっ 物語が降って来る」 (マンガ家 萩尾望都さん) 「鮮明に想像できる創造の世界、楽しい」 (歌舞伎役者 市川染五郎さん) 「うたた寝で見た夢のようだ」 (落語家 春風亭昇太さん) 「世の中の秘密を探る賢者、そういう本来の小説家が現れた」 (KADOKAWA・DWANGO会長 川上量生さん)21世紀の稲垣足穂か、はたまた、星新一か。ショートショートで驚異の新人、現る! 各界の著名人も絶賛!!抱腹絶倒のユーモア、そして美しい散文詩、シニカルなSF、切れ味のある怪談。さまざまショートショートを引っ提げて九星鳴の第一作品集『K体掌説』がついに刊行。 装画と挿絵は、版画家の山本容子氏が担当。 幻想的な物語に、アクセントとイメージの飛躍が加わります。Kは小噺のK。Kは簡潔のK。Kは奇態のK。つまりは、Kなる態の掌編。これ即ち“K体掌説”。ショートショートの新しい形。 明快ながら深遠。 飄々として真剣。 短くも奇妙な物語たちの展覧会。 一度読み始めれば、この独特の読み味を持つ、 短い物語にハマること間違いなし――。ただし、一度に一気に読むと危険です。 中毒にならないように、毎日少しずつお楽しみください。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
妖怪半分 学生半分

550円(+税)

神坂一/けーしん

TO文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 91Days 下

1100円(+税)

StoryWorks/ヴァネッティファミリー

PASH! ブックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
私、カミンチュの「たまご」なんです...

600円(+税)

とよみ

NEXT PLEASURE(NextPublishing)

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
おかしな転生IV 家出息子はフルー...

1110円(+税)

古流望/珠梨やすゆき

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
まおゆう魔王勇者 4 この手ででき...

857円(+税)

橙乃ままれ/toi8/水玉螢之丞/山北篤/桝田省治

ホビー書籍部

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
まおゆう魔王勇者 2 忽鄰塔(クリ...

857円(+税)

橙乃ままれ/toi8/水玉螢之丞/山北篤/桝田省治

ホビー書籍部

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
【特典付き】悪役令嬢後宮物語 2

900円(+税)

涼風/鈴ノ助

アリアンローズ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 君の名は。

560円(+税)

新海誠

角川文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
K体掌説

1111円(+税)

九星鳴

文春e-Books

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1111円 (+税)
1200円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら333コイン(※)
11 + 322コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
811 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです