ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

Journalism 2018年2月号

あらすじ・内容

[特集]「ジャーナリストという選択」

〈メディアを目指す若者のための座談会〉
人が気づかないことを伝えられる
ネット時代は「見せ方」にも工夫を
 石戸 諭(BuzzFeed Japan記者)、神原一光(NHK放送総局 大型企画開発センター ディレクター)、野上英文(朝日新聞国際報道部記者)、與那覇里子(首都大学東京大学院1年、沖縄タイムス記者)、藤代裕之(ジャーナリスト、法政大学准教授=司会)

〈保存版〉
全国主要メディア 就職関連アンケート一覧

写真は直接命を救えない、でも伝えられる
出来ないことの自覚が人への敬意を生む
 安田菜津紀(フォトジャーナリスト)

「女子の壁」を突き破ろうと
いつの間にやらネットの記者へ
 猪谷千香(弁護士ドットコムニュース記者)

現場に立ち、ともに悩み、伝える
私たちの社会を諦めないために
 板垣淑子(NHK名古屋放送局 報道番組チーフ・プロデューサー)

ヤフーの技術者から地域紙記者へ
スマホが知らない情報を伝える
 石森洋史(石巻日日新聞記者)

社会の歪みと対峙するために
自分の背骨を太く鍛える
 角幡唯介(ノンフィクション作家、探検家)

記者17年目の「ルポ トランプ王国」
「数%の時間」積み重ねた私の手法
 金成隆一(朝日新聞ニューヨーク支局員)

*********************

【早稲田大学ジャーナリズム大学院10年】
「個」として強いジャーナリストを育成
メディア激変期に質向上の「実験の場」に
 瀬川至朗(早稲田大学ジャーナリズム大学院プログラムマネージャー)

【原寿雄・元共同通信編集主幹を偲ぶ】
訴え続けた「自由であること」の意義
「塾長」が説いたジャーナリズム論
 石川 旺(上智大学名誉教授)

〈連載〉記者講座 道徳的な難問を考える(3)
▼記者が立場を自覚するとき
 取材者のアイデンティティとポジショナリティ
 高学歴エリート化が引き起こす取材先との断絶
  畑仲哲雄(龍谷大学社会学部准教授)

〈連載〉「政要事情」―若手研究者の目(8)
時代は告げずに過ぎ去っていく
 ――MeToo運動に思う
 佐藤 信(東京大学先端科学技術研究センター助教)

■メディア・リポート
新聞
 中日が載せた自社の飲酒運転記事
 信頼低めた他社やネットでの報道
  猪股征一(信濃毎日新聞監査役)

放送
 沖縄戦と「終わらない戦後」
 映像祭とシンポジウムで問う
  市村元(「地方の時代」映像祭プロデューサー、関西大学客員教授)

出版
 10年ぶりに新版が出た『広辞苑』
 販売拡大の鍵を握る街の本屋さん
  福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)

ネット
 会話型ニュースメディアが実現?
AIスピーカーの印象と未来
  藤村厚夫(スマートニュース株式会社執行役員メディア事業開発担当/シニア・ヴァイス・プレジデント)

■海外メディア報告
 国民の7割が「ポル・ポト」後
 記憶の橋渡しに世代の厚い壁
  木村 文(ジャーナリスト)

■カラーグラビア 写真家の目
 奪われた日常
 ロヒンギャ難民の今
  写真と文=杉本康弘

朝日新聞全国世論調査詳報
 ◎2017年12月定例RDD調査

電子書籍
価格

660(税込)

600円 (+消費税60円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
Journalism(朝日新聞出版)
著者
レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
カテゴリ
実用
ページ概数
305
配信開始日
2018/2/16
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 Journalism2023年1月号

著者: 朝日新聞社ジャーナリスト学校

2023年1月号の内容(目次)
巻頭の言葉
「希望、あるいは――」
  
特 集 政治報道は変わったか
<インタビュー>
為政者と対峙するジャーナリズムは憲法が求める役割
鋭い追及こそが政治記者へのリスペクトをもたらす
デイビッド・ハルブフィンガー
(ニューヨーク・タイムズ政治エディター=聞き手・城 俊雄)

<インタビュー>
政治家の発言に頼ってしまう無責任
「誰の言葉か」こだわり、分析・追及を
西村カリン(在京フランス人ジャーナリスト=聞き手・小村田義之)

世界から取り残されないために
多様な属性の記者で取材を
佐藤千矢子(毎日新聞論説委員)

先行き「こう思う」と明確に
政策深掘りして政局取材も
星 浩(政治ジャーナリスト)

心は政治のアウトサイダーで
太い幹倒すナタのような仕事を
松原耕二(BS-TBS「報道1930」キャスター編集長)

米政治メディアのデジタル化再考
米中メディア研究にもたらす変容
渡辺将人(北海道大学大学院准教授)

政治家の娘として見た報道
若者と現場に目を向けて
近藤弥子(ユーチューバー)

*********************

《伊藤詩織さん中傷投稿に「いいね」 東京高裁判決》
苦しみの訴えが開く「人権」の扉
「表現の自由」の公平な配分とは
志田陽子(武蔵野美術大教授)

《ゴルバチョフとプーチン》
核軍縮と冷戦終結の遺訓はどこへ
「文明の衝突」共存条件の模索を
副島英樹(朝日新聞編集委員)

《奨学金破産》
機構が2千人に10億円返金へ
「時代」映す奨学金を追って
諸永裕司(朝日新聞マーケティング戦略本部員)

《就活のツボ》
×消費者目線 ○ビジネス意識
「何をしたいか」とことん追求
木之本敬介

《スラスラES教室》
自分のアンテナ示そう
真下 聡

<写真> 今月の1点

価格

780(税込)

709円 (+消費税71円)

「Journalism(朝日新聞出版)」シリーズ作品一覧(全62冊)

660円〜780(税込)

  • 実用 Journalism 2017年12月号

    [特集]「アベノミクスの実相と安倍政権」

    【経済学者座談会】
    財政破綻は避けられるのか
    増税と再分配をめぐって
     小黒一正(法政大学経済学部教授)
     小野善康(大阪大学社会経済研究所特任教授)
     田中秀明(明治大学公共政策大学院教授)
     原 真人(朝日新聞編集委員、司会)

    ポエム化する政権の労働政策
    「定額使い放題プラン」が目的か
     常見陽平(千葉商科大学国際教養学部専任講師)

    高等教育の漸進的無償化を
    大人の学びと雇用のために
     矢野真和(東京工業大学名誉教授)

    東京一極集中からローカル重視の社会へ
    山陽新聞の連載「Lの時代へ」の狙い
     岡山一郎(山陽新聞社編集委員室長、論説委員兼務)

    〈インタビュー〉
    全人口の1割しか働けない汎用AI社会
    ベーシックインカムで社会の最低保障を
     井上智洋(駒澤大学経済学部准教授)

    歪められた日本政治の論争軸
    次の選挙で投票と連動させるには
     押村 高(青山学院大学副学長)

    改憲肯定派5分の4の時代
    自己目的化した議論の排除を
     国分高史(朝日新聞編集委員)

    何も変わらなかった選挙で進んだ
    リベラルが問われる政治への転換
     吉田 徹(北海道大学教授)


    *********************


    【加計学園問題を追った10カ月】
    浮かび上がった政権の「ひずみ」
    「疑問」を出発点に今後も追及
     水澤健一(朝日新聞大阪社会部記者)

    〈連載〉記者講座 道徳的な難問を考える(1)
    ▼記者が〈ルール〉を破るとき
    規格化された〈ルール〉に潜む落とし穴
    最後に必要なのは自律した記者の良心
     畑仲哲雄(龍谷大学社会学部准教授)

    〈連載〉「政要事情」―若手研究者の目(6)
    若者の将来不安と国家の未来
    ――思考停止と開き直りの先へ
     佐藤 信(東京大学先端科学技術研究センター助教)

    ■メディア・リポート
    新聞
     各紙が総選挙の「議題設定」に失敗
     小池劇場の焼け跡に現れた改憲シフト
      藤森 研(専修大学文学部教授)

    放送
     注目集めたアジア関連ニュース
     情報を仕分けし冷静な報道を
      堀 潤(NPO法人8bitnews代表)

    出版
     雑誌販売額は前年比1割減の見込み
     低迷打破のため商慣習や制度の変革を
      植村八潮(専修大学文学部教授、日本出版学会会長)

    ネット
     ブロックチェーン技術は
     新たなジャーナリズムを生むか
      小林啓倫(アクセンチュア株式会社金融サービス本部マネジャー)

    ■海外メディア報告
     市民をジャーナリストに育てる
     パレスチナ難民キャンプの試み
      川上泰徳(中東ジャーナリスト)

    ■カラーグラビア 写真家の目
     大戦直前の1939年
     万博や視察で米欧歴訪
      写真=山端祥玉、文=白山眞理

     朝日新聞全国世論調査詳報
      ◎2017年9月解散表明緊急RDD調査
      ◎2017年10月衆院選前RDD調査
      ◎2017年10月衆院選中盤RDD調査
      ◎2017年10月衆院選直後RDD調査

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年1月号

    [特集]「2018年の視点」

    立憲結党でみえた理念追求の機運
    政策体系構築につなげ野党再建を
     山口二郎(法政大学法学部教授)

    「戦後レジームからの脱却」は駄法螺
    自称保守と花畑左翼の知的劣化
     適菜 収(作家、作詞家)

    貧困は誰もが陥る可能性
    「流行りもの」超え、構造解決を
     雨宮処凛(作家、反貧困ネットワーク世話人)

    近代システムの終焉を迎える前に
    日本は米国の要求を受容し続けるのか
     水野和夫(法政大学法学部教授)

    憲法改正で護憲派がとるべき政治戦略
    カネかかる改憲、生活リアルで訴えろ
     五野井郁夫(高千穂大学経営学部教授 政治学)

    〈インタビュー〉
    「中抜き政治の時代」を正面から受け止めよ
    ポピュリズム現象にみる情報革命の衝撃
     水島治郎(千葉大学法政経学部教授)

    対話で「核放棄」は現実に通用せず
    「核持つ北朝鮮」を前提に戦略議論を
     牧野愛博(朝日新聞ソウル支局長)

    イスラームに怯える欧州の反統合
    裏切りの連鎖で崩壊する中東
     内藤正典(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授)

    「保守リベラル」は再生可能か
    カギは地域での課題解決にあり
     宮本太郎(中央大学法学部教授)


    [第2特集]「衆院選はどう報道されたか」
    【総論】
    選挙報道の「質的公平」は満たされたか
    「解散検討」の報道から37日間を検証
     音 好宏(上智大学文学部新聞学科教授)

    【テレビ編】
    逆風の中でも小池氏が関心の的
    情報番組が「劇場化」を後押し
     水島宏明(ジャーナリスト、上智大学文学部新聞学科教授)

    【新聞編】
    「改憲」「北朝鮮」重視は各紙で共通
    投票行動には核ミサイル問題が影響
     小此木 潔(上智大学文学部新聞学科教授)

    【ファクトチェック編】
    政治家の「嘘」とメディアを検証
    FIJの活動から見えたもの
     楊井人文(ファクトチェック・イニシアティブ理事兼事務局長、日本報道検証機構代表理事)

    与野党へのファクトチェックで
    政策立案能力の差が見えた
     立岩陽一郎(ファクトチェック・イニシアティブ理事、「ニュースのタネ」編集長)


    *********************


    【白虹事件から100年】
    いまも変わらない言論弾圧事件
    自由を圧迫する「社会的なるもの」
     辻田真佐憲(作家、近現代史研究者)

    【日韓中テレビ制作者フォーラム報告】
    テレビ番組と文化の交流・協力の現状
    「共通性」の認識にはそれぞれの視点
     黄 盛彬(立教大学社会学部教授)

    〈連載〉記者講座 道徳的な難問を考える(2)
    ▼記者が泣くとき怒るとき
    冷静で偏見のない取材は必要だが
    涙や怒りの感情を押し殺す危険性
     畑仲哲雄(龍谷大学社会学部准教授)

    〈連載〉「政要事情」―若手研究者の目(7)
    ポスト・イデオロギーは可能か
    ―2018年政治への期待
     佐藤 信(東京大学先端科学技術研究センター助教)

    ■メディア・リポート
    新聞
     保育園、小学校、相次ぐ落下物
     地位協定の抜本改定へ喚起を
      松元 剛(琉球新報読者事業局次長)

    放送
     衆院選のファクトチェック
     感度が低い地上波テレビ
      水島宏明(ジャーナリスト、上智大学文学部新聞学科教授)

    出版
     海外向け版権取引の商談会開催
     中小の出版社も翻訳市場に注目
      星野 渉(文化通信社取締役編集長、東洋大学非常勤講師)

    ネット
     クラウドファンディングから見える
     未来の「メディア」の本流
      高木利弘(株式会社クリエイシオン代表取締役、マルチメディア・プロデューサー)

    ■海外メディア報告
     極右政党が初の連邦議会入り
     分水嶺はどう報じられたか
      熊谷 徹(在独ジャーナリスト)

    ■カラーグラビア 写真家の目
     脳腫瘍と生きる
     今できることを積み重ねる日々―
      写真と文=関 健作

    朝日新聞全国世論調査詳報
     ◎2017年11月定例RDD調査

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年2月号

    [特集]「ジャーナリストという選択」

    〈メディアを目指す若者のための座談会〉
    人が気づかないことを伝えられる
    ネット時代は「見せ方」にも工夫を
     石戸 諭(BuzzFeed Japan記者)、神原一光(NHK放送総局 大型企画開発センター ディレクター)、野上英文(朝日新聞国際報道部記者)、與那覇里子(首都大学東京大学院1年、沖縄タイムス記者)、藤代裕之(ジャーナリスト、法政大学准教授=司会)

    〈保存版〉
    全国主要メディア 就職関連アンケート一覧

    写真は直接命を救えない、でも伝えられる
    出来ないことの自覚が人への敬意を生む
     安田菜津紀(フォトジャーナリスト)

    「女子の壁」を突き破ろうと
    いつの間にやらネットの記者へ
     猪谷千香(弁護士ドットコムニュース記者)

    現場に立ち、ともに悩み、伝える
    私たちの社会を諦めないために
     板垣淑子(NHK名古屋放送局 報道番組チーフ・プロデューサー)

    ヤフーの技術者から地域紙記者へ
    スマホが知らない情報を伝える
     石森洋史(石巻日日新聞記者)

    社会の歪みと対峙するために
    自分の背骨を太く鍛える
     角幡唯介(ノンフィクション作家、探検家)

    記者17年目の「ルポ トランプ王国」
    「数%の時間」積み重ねた私の手法
     金成隆一(朝日新聞ニューヨーク支局員)

    *********************

    【早稲田大学ジャーナリズム大学院10年】
    「個」として強いジャーナリストを育成
    メディア激変期に質向上の「実験の場」に
     瀬川至朗(早稲田大学ジャーナリズム大学院プログラムマネージャー)

    【原寿雄・元共同通信編集主幹を偲ぶ】
    訴え続けた「自由であること」の意義
    「塾長」が説いたジャーナリズム論
     石川 旺(上智大学名誉教授)

    〈連載〉記者講座 道徳的な難問を考える(3)
    ▼記者が立場を自覚するとき
     取材者のアイデンティティとポジショナリティ
     高学歴エリート化が引き起こす取材先との断絶
      畑仲哲雄(龍谷大学社会学部准教授)

    〈連載〉「政要事情」―若手研究者の目(8)
    時代は告げずに過ぎ去っていく
     ――MeToo運動に思う
     佐藤 信(東京大学先端科学技術研究センター助教)

    ■メディア・リポート
    新聞
     中日が載せた自社の飲酒運転記事
     信頼低めた他社やネットでの報道
      猪股征一(信濃毎日新聞監査役)

    放送
     沖縄戦と「終わらない戦後」
     映像祭とシンポジウムで問う
      市村元(「地方の時代」映像祭プロデューサー、関西大学客員教授)

    出版
     10年ぶりに新版が出た『広辞苑』
     販売拡大の鍵を握る街の本屋さん
      福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)

    ネット
     会話型ニュースメディアが実現?
    AIスピーカーの印象と未来
      藤村厚夫(スマートニュース株式会社執行役員メディア事業開発担当/シニア・ヴァイス・プレジデント)

    ■海外メディア報告
     国民の7割が「ポル・ポト」後
     記憶の橋渡しに世代の厚い壁
      木村 文(ジャーナリスト)

    ■カラーグラビア 写真家の目
     奪われた日常
     ロヒンギャ難民の今
      写真と文=杉本康弘

    朝日新聞全国世論調査詳報
     ◎2017年12月定例RDD調査

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年3月号

    [特集]「原発の未来を追う」

    〈巻頭グラビア〉
    フクシマ 無窮II
     ──7年が過ぎて
     写真と文=渡辺幹夫(写真家、前朝日新聞ジャーナリスト学校ディレクター)

    震災から7年、淘汰される原発
    膨らむリスク、失われる「価値」
     上田俊英(朝日新聞編集委員)

    3・11後に高まった原発への関心
    「科学技術の現実」見据えているか
     武田 徹(ジャーナリスト、専修大学教授)

    神話だった「原発が地域経済に貢献」
    新潟日報が調査報道で再稼働を検証
     前田有樹(新潟日報社報道部記者)

    ドイツは脱原発を粛々と進め
    非炭素化社会の実現へ向かう
     熊谷 徹(在ドイツ・ジャーナリスト)

    チェルノブイリ、福島、そして今
    原子力記者がたどる原発の変容
     竹内敬二(エネルギー戦略研究所シニアフェロー)

    フクシマの事故には機敏に対応
    削減か存続かで揺れる原発大国
     山口昌子(在フランス・ジャーナリスト)

    廃炉計画の延長をなし崩しで重ねる政府と東電
    「1Fの今」に関心を持ち続けてもらうために
     川原千夏子(朝日新聞科学医療部記者)

    【パラダイス文書~現場からの報告】
    浮かび上がる構造的問題の数々
    世界の記者たちの動きも報道
     朝日新聞ICIJ取材班

    【社会の中の「命令と服従」】
    人はなぜ、戦場では殺せるのか
    改憲へ動くいまこそ、考える時
     松下秀雄(朝日新聞編集委員、ジャーナリスト学校主任研究員)

    〈連載〉「政要事情」―若手研究者の目(9)
    プラットフォーム間競争の時代
    ──国家が果たす役割とは
     佐藤 信(東京大学先端科学技術研究センター助教)

    〈連載〉記者講座 道徳的な難問を考える(4)
    ▼ジャーナリズムとアカデミズム
     敬遠し合う「仲の悪い双子」の関係
     求められる記者と研究者の協働作業
      畑仲哲雄(龍谷大学社会学部准教授)

    ■メディア・リポート
    新聞
     福島第1原発のトリチウム水
     海洋放出の是非 議論広げよ
      寺島英弥(ジャーナリスト、河北新報社論説委員)

    放送
     憲法改正とテレビについて
     私が知っている二、三の事柄
      金平茂紀(TBS「報道特集」キャスター、早稲田大学大学院客員教授)

    出版
     コミックスでは電子が紙を逆転か
     昨年の紙の出版市場は最大の落ち込み
      植村八潮(専修大学文学部教授、日本出版学会会長)

    ネット
     根付くか、AIによるファクトチェック
     イタチごっこに終わる可能性も
      小林啓倫(アクセンチュア金融サービス本部マネジャー)

    ■海外メディア報告
     政局動かし始めた「#MeToo」運動
     社会に広がるバックラッシュ
      冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)

    朝日新聞全国世論調査詳報
     ◎2018年1月定例RDD調査

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 Journalism 2018年4月号

    [特集]「平成」という風景

    戦争に対する反省と人々との近さ
    メディアと作り上げた平成流天皇
     河西秀哉(神戸女学院大学准教授)

    平成期のインターネット
    市民ジャーナリズムの夢と失墜
     濱野智史(批評家)

    テレビメディアの平成とは
    フジテレビの栄光と衰退
     吉野嘉高(筑紫女学園大学教授)

    「性」が彩った90年代という時代
    通信の発達が女性たちを変えた
     森 健(ジャーナリスト)

    「長い平和」の先に待つものは?
    江戸の歴史から平成が見える
     徳川家広(政治・経済評論家、徳川記念財団理事)

    残存し続ける「私刑」体質
    日本社会はオウムの総括に失敗
     大田俊寛(宗教学者、埼玉大学非常勤講師)

    「8050問題」という危機
    家族の「標準」崩れた平成
     清川卓史(朝日新聞編集委員)

    誰でも発信、双方向性、ツイッターは銃
    平成を漂流してきた僕の「メディア論」
     亀松太郎(ジャーナリスト)

    *********************

    〈対談〉政治とことばとマーケティング
    潜在する欲望を喚起、イメージを惹起
    「ことば」分析から浮かぶ政治の実態
     松井 剛(一橋大学教授)
     西田亮介(東京工業大学准教授)

    【アスベスト訴訟とドキュメンタリー考】
    8年間追った生活者の闘争
    「ヒーロー」不在の苦悩と挑戦
     原 一男(映画監督)

    【9条と「自衛戦争」「戦力」をどう問うか】
    安倍改正案では本質議論できず
    市民団体が模擬投票でアピール
     石川智也(朝日新聞特別報道部記者)

    〈連載〉記者講座
    新聞の文章を考える(上)コラム体験から
     言葉をしなやかに使い読み手に伝える
     記事に浸透力を持たせる表現の工夫を
      福島申二(朝日新聞編集委員)

    ■メディア・リポート
    新聞
     韓国で見た、ジャーナリスト教育
     実践的な授業内容、学生に目的意識
      藤森 研(専修大学文学部教授)

    放送
     平昌パラリンピック報道の現実
     東京2020でさらに発信を
      堀 潤(NPO法人8bitnews代表)

    出版
     中国で急拡大する絵本市場
     日本の現地法人が営業力で開拓
      星野 渉(文化通信社常務取締役編集長、NPO法人本の学校理事長)

    ネット
     商用ブラウザーのルーツ登場から25年
     「バラ色の未来社会」の現実
      高木利弘(株式会社クリエイシオン代表取締役、マルチメディア・プロデューサー)

    ■海外メディア報告
     米国のエルサレムの首都認定
     報道に見る政治の駆け引き
      川上泰徳(中東ジャーナリスト)

    【写真】 今月の1点

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「Journalism 2018年2月号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報