ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

屍の街

価格
300円 300 (+税)
獲得コイン
3 コイン

獲得コイン3コインの内訳

通常購入分
3コイン
コインUPキャンペーン分
+0コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
原爆文学の傑作。著者の大田洋子は広島原爆被曝の体験直後から「屍の街」を書き綴った。1948年に中央公論社から発売されたが、GHQの検閲を考慮した削除版だった。無削除版は1950年に冬芽書房から上梓(絶版)。ITmedia 名作文庫では冬芽書房版を電子復刊するとともに、巻頭には同じく広島原爆被曝をテーマにした「夏の花」で有名な作家、原民喜による解説を掲載。「いまだ癒えぬ傷あと」「一九四五年の夏」「原子爆弾抄」「略年譜」「著作一覧」も収録。

目次:

いまだ癒えぬ傷あと
屍の街
 鬼哭啾々(きこくしゅうしゅう)の秋
 無欲顔貌
 運命の街・広島
 街は死体の襤褸筵(ぼろむしろ)
 憩いの車
 風と雨
 晩秋の琴
一九四五年の夏
原子爆弾抄
大田洋子略年譜及び主要著作一覧(編集部)

著者について:
1906年広島生まれ。8歳のとき父母が離婚し、親類の大田家の籍に入る。江田島、尾道、大阪、東京で、小学校教師やカフェの女給として働きながら小説を書く。長谷川時雨主宰の『女人芸術』に参加。1939年に中央公論の懸賞小説に、1940年に朝日新聞の懸賞小説に入選。以後、小説家として本格的に活躍。1945年、疎開先の広島で被曝。被爆とその後遺症をテーマにした『屍の街』(1948)『人間襤褸』(1954)『半人間』(1954)などで原爆作家として有名になる。1963年没。1982年に「大田洋子集全4巻」が三一書房から刊行された。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「屍の街」を見ている人にこれもおすすめ

「屍の街」シリーズ作品一覧(1冊)

300(+税)

屍の街のシリーズ詳細ページへ

「屍の街」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
268

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/7/27
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューワー
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューワー
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面