ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探しPart2

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

たくさんあるイラストのなかから、
1つだけちがう絵を探す「ちがう絵探し」。
2021年3月に第一弾を発売したところ、
読者の皆さまから
大好評の声をいただきました。

認知症患者を長年診察している
京浜病院院長の熊谷賴義先生は、
コロナ禍による自粛生活が
3つの能力の低下を引き起こすと
懸念しています。

その3つの能力の低下とは
1:下半身の「筋力の低下」
2:筋力が低下して起こる転倒や
それに伴うケガをおそれる
「動意欲の低下」
3:家にこもり、五感をあまり
活用しないことから起こる
「知覚神経の低下」
そして、1~3によって
最終的に引き起こされるのが、
「脳機能の低下」です。

「ちがう絵探し」で脳が刺激を受けると、
認知機能の衰えを防ぐのはもちろん、
観察力や集中力、根気、忍耐力が高まっていきます。
問題は全部で50問! 
若い人から高齢のかたまで、楽しめるはずです。
脳のリフレッシュに、
ぜひチャレンジしてみてください!

電子書籍
価格

693(税込)

630円 (+消費税63円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探し(マキノ出版)
著者
レーベル
――
出版社
マキノ出版
カテゴリ
実用
ページ概数
76
配信開始日
2021/6/8
底本発行日
2021/6/28
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探しPart3

編: 企画編集部

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

以前に比べて人の顔が覚えられなくなった。
人数がたくさんいるアイドルグループの
メンバーの見分けがつかない……。
そんなふうに感じたことはありませんか。

人の顔が判別できない、
表情を読み取れないことを
「相貌失認」といいます。

相貌失認は、認知症の一つの兆候でもあります。
とはいえ、人の顔を覚えられない人が
みな認知症かといえば、
そんなことはもちろんありません。

例えば、街を歩いているとき、
自分の隣に人がいたとしましょう。
このとき「誰かいるな」と漫然と見ているだけ、
服や姿形、色で区別しているだけ、
というケースが多いのではないでしょうか。

逆に、最初は同じ顔に見えたアイドルも、
「この人は目が大きいな」
「笑いジワが魅力的」などと気にして
何度もテレビで見ているうちに、
一人ひとりが全く違う顔であることがわかり、
それぞれ区別できるようになります。

つまり「意欲を持って、五感から多くの情報を
取り込み、脳に伝えること」が重要なのです。
ところが、いまだに続く
新型コロナウイルス感染症の影響で
外出を控えている高齢者も多いことでしょう。
歩いて外へ出て、花の香りや空の色から
季節の移り変わりを五感で感じ、
人と会ってコミュニケーションを取り、
外食を楽しむ……。
コロナ前であれば普通にできていたことが
難しくなったこの数年は、
脳への刺激不足に拍車が
かかっている状態といえます。
これは、非常に由々しき事態とといえます。
脳への刺激が減れば、
それだけ脳は衰えていくからです。

そこで、脳を刺激する手段の一つとして
活用していただきたいのが、
本書の「ちがう絵探し」です。
ちがう絵探しは、同じに見えるたくさんの絵のなかから、
一つだけほかと異なる絵を
見つけるというものです。
小さなちがいを見つけようと注意しながら
絵や写真を見ることは、
認識力を高めるための
脳のトレーニングにつながるでしょう。

価格

792(税込)

720円 (+消費税72円)

「脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探し(マキノ出版)」シリーズ作品一覧(全3冊)

693円〜792(税込)

  • 実用 脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探し

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    新タイプのまちがい探しで
    コロナ禍の脳機能低下を防ぐ!

    長引くコロナ禍により
    自粛生活を余儀なくされている現在。
    認知症患者を長年診察している
    京浜病院院長の熊谷賴佳先生は、
    自粛生活は3つの能力の低下を
    引き起こすと懸念しています。

    その3つの能力の低下とは、

    1:運動不足による下半身の「筋力の低下」、
    2:筋力が低下することで、転倒やそれに伴う
     ケガをおそれる「動意欲の低下」
    3:家にこもり、五感をあまり活用しない
     ことから起こる「知覚神経の低下」

    そして、1~3の能力低下によって
    最終的に引き起こされるのが、
    「脳機能の低下」です。

    今回、本書で紹介している「ちがう絵探し」。
    これは、縦横に並ぶイラストのなかから、
    一つだけちがうイラスト(=ちがう絵)を探す、
    新しいタイプのまちがい探しです。
    問題は全部で50問! 
    若い人から高齢のかたまで楽しんでいただけます。
    脳のリフレッシュに、ぜひチャレンジしてみてください!
    五感への刺激が制限されがちな今、
    脳の認知機能の低下を防ぐための
    ひとつの手段ともなるでしょう。

    価格

    693(税込)

    630円 (+消費税63円)

  • 実用 脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探しPart2

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    たくさんあるイラストのなかから、
    1つだけちがう絵を探す「ちがう絵探し」。
    2021年3月に第一弾を発売したところ、
    読者の皆さまから
    大好評の声をいただきました。

    認知症患者を長年診察している
    京浜病院院長の熊谷賴義先生は、
    コロナ禍による自粛生活が
    3つの能力の低下を引き起こすと
    懸念しています。

    その3つの能力の低下とは
    1:下半身の「筋力の低下」
    2:筋力が低下して起こる転倒や
    それに伴うケガをおそれる
    「動意欲の低下」
    3:家にこもり、五感をあまり
    活用しないことから起こる
    「知覚神経の低下」
    そして、1~3によって
    最終的に引き起こされるのが、
    「脳機能の低下」です。

    「ちがう絵探し」で脳が刺激を受けると、
    認知機能の衰えを防ぐのはもちろん、
    観察力や集中力、根気、忍耐力が高まっていきます。
    問題は全部で50問! 
    若い人から高齢のかたまで、楽しめるはずです。
    脳のリフレッシュに、
    ぜひチャレンジしてみてください!

    価格

    693(税込)

    630円 (+消費税63円)

  • 実用 脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探しPart3

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    以前に比べて人の顔が覚えられなくなった。
    人数がたくさんいるアイドルグループの
    メンバーの見分けがつかない……。
    そんなふうに感じたことはありませんか。

    人の顔が判別できない、
    表情を読み取れないことを
    「相貌失認」といいます。

    相貌失認は、認知症の一つの兆候でもあります。
    とはいえ、人の顔を覚えられない人が
    みな認知症かといえば、
    そんなことはもちろんありません。

    例えば、街を歩いているとき、
    自分の隣に人がいたとしましょう。
    このとき「誰かいるな」と漫然と見ているだけ、
    服や姿形、色で区別しているだけ、
    というケースが多いのではないでしょうか。

    逆に、最初は同じ顔に見えたアイドルも、
    「この人は目が大きいな」
    「笑いジワが魅力的」などと気にして
    何度もテレビで見ているうちに、
    一人ひとりが全く違う顔であることがわかり、
    それぞれ区別できるようになります。

    つまり「意欲を持って、五感から多くの情報を
    取り込み、脳に伝えること」が重要なのです。
    ところが、いまだに続く
    新型コロナウイルス感染症の影響で
    外出を控えている高齢者も多いことでしょう。
    歩いて外へ出て、花の香りや空の色から
    季節の移り変わりを五感で感じ、
    人と会ってコミュニケーションを取り、
    外食を楽しむ……。
    コロナ前であれば普通にできていたことが
    難しくなったこの数年は、
    脳への刺激不足に拍車が
    かかっている状態といえます。
    これは、非常に由々しき事態とといえます。
    脳への刺激が減れば、
    それだけ脳は衰えていくからです。

    そこで、脳を刺激する手段の一つとして
    活用していただきたいのが、
    本書の「ちがう絵探し」です。
    ちがう絵探しは、同じに見えるたくさんの絵のなかから、
    一つだけほかと異なる絵を
    見つけるというものです。
    小さなちがいを見つけようと注意しながら
    絵や写真を見ることは、
    認識力を高めるための
    脳のトレーニングにつながるでしょう。

    価格

    792(税込)

    720円 (+消費税72円)

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探しPart2」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報