セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

怒りのぶどう(下)

怒りのぶどう(下)-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

ジョン・アーンスト・スタインベック
訳者
谷口陸男
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
怒りのぶどう(グーテンベルク21)
出版社名
グーテンベルク21
配信開始日
2015年08月14日
ページ概数
472 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

砂嵐の猛威と旱魃、大資本の進出に父祖の土地を追われたオクラホマの小作農ジョード一家は、一片の宣伝ビラの文句に誘われて「緑なす、たわわに果実の実る、職のある」カリフォルニアを目指して長い旅路につく。売れるだけの家財を売り払い、二頭の仔豚を屠って塩漬けとし、中古おんぼろ車を急造トラックに仕立て、一族12人に元説教師をくわえた一行13人は国道66号線をひたすら走る。だが、国道は同じように西へ移住しようとするトラックでいっぱいだった。災厄がつぎつぎと降りかかる。次男トムとおっかあは知恵をしぼり、気力をふりしぼって一家の苦難を支える……カリフォルニアは確かに「緑したたる」場所であった。だが、そこは夢にみた楽園ではなかった。俗語や卑語を駆使し、全体状況をさしはさむテンポのよい構成で、力強くうたいあげた社会小説、家族小説。ピューリッツァー賞を受けた、スタインベックの代表作のこの作品は、20世紀アメリカ文学の金字塔である。

怒りのぶどう(グーテンベルク21... ( 2 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
怒りのぶどう(上)

700円(+税)

ジョン・アーンスト・スタインベック/谷口陸男

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
怒りのぶどう(下)

700円(+税)

ジョン・アーンスト・スタインベック/谷口陸男

――

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夜はやさし(下)

540円(+税)

フィツジェラルド/谷口陸男

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夜はやさし(上)

580円(+税)

フィツジェラルド/谷口陸男

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
有頂天家族 二代目の帰朝

732円(+税)

森見登美彦

幻冬舎文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
聖女の魔力は万能です

1200円(+税)

橘 由華/珠梨やすゆき

カドカワBOOKS

NEW!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ひきこもりの弟だった

650円(+税)

葦舟 ナツ

メディアワークス文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
左利きだったから異世界に連れて行か...

1200円(+税)

十一屋翠/ファルまろ

カドカワBOOKS

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
パンドラ 猟奇犯罪検死官・石上妙子

640円(+税)

内藤了

角川ホラー文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

364円(+税) (05/04まで)

太田紫織

角川文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
怒りのぶどう(下)

700円(+税)

ジョン・アーンスト・スタインベック/谷口陸男

――

価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:7コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです