ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

フットボール批評issue34

あらすじ・内容

教養としての現代サッカー

教養としての現代サッカー 時期を合わせるかの如く欧州帰りの選手から「日本と欧州のサッカーは別競技」なる発言が飛び出すようになった。立て続けの印象が強いのは欧州から日本に帰還する選手が増えた証拠であろう。彼らが言いたいのは、欧州のサッカーは善、日本のサッカーは悪ではなく、欧州のサッカーは現代、日本のサッカーは非現代というニュアンスに近いのではないだろうか。もちろん、「組織」などのレンジの広い構造面も含めて……。 好むと好まざるとにかかわらず、現代サッカーの教養を身に付けない限り、「別競技」から「一緒の競技」に再統合することは断じてない。幸いにも同業界には現代サッカーを言語化できる日本人は少ないながらも存在する。攻撃的か守備的か、ボール保持かボール非保持かのようなしみったれた議論には終止符を打ち、現代か非現代か、一緒の競技か別競技かのような雅量に富む議論をしようではないか。 【特集I】教養としての現代サッカー ●現代サッカーの教科書 Ballgewinnspiel ボールを奪うプレー 河岸貴 ●フットボールの主旋律Op.2~カオスに抗うアナリスト~ 第2楽章 有効性か効率性か 「現代サッカーの申し子」ユリアン・ナーゲルスマンを丸裸にする 庄司悟 ●現代サッカーを言語化する 酒井高徳が語る欧州基準と日本基準 柴村直弥 ●真の現代CBとは何か? 冨安健洋に見るCBとSBの差異 ジョナサン・ウィルソン ●現代5レーン征討 コモディティ化されたトレンド戦術を殺す次なる一手を探る 龍岡歩 ●ドイツ式現代GK育成法 田口哲雄(JFA・前ケルン育成部門GKコーチ) 木崎伸也 ●現代サッカーのパフォーマンスを疑え 選手の成長を“見える化”し、進化を加速させよ 里大輔(スピード&ムーブメントコーチ) 鈴木康浩 ●メキシコから見た日本のリアル 西村亮太(U-24メキシコ代表コーチ)×岩政大樹 清水英斗 【特集II】新しい現代サッカーの教科書 ●レッドブル帝国の野望 プレーヤーの限界を引き出す「才能のハッキング」に迫る 結城康平 ●モダンフットボーラー育成論~エコノメソッドの場合~ ダリオ・ロドリゲス・マンチャ(奈良クラブメソッド部門ダイレクター) 小澤一郎 ●現代中学校・高校サッカー育成メソッド FC LAVIDA→昌平高校の場合 河野正 ●明治大学発、現代大学サッカー進化論 プロ量産の背景にある巧みなマネージメントの極意に迫る 加部究 ●ハラスメント問題に揺れるJリーグをどう見るか? 為末大が推奨する「させる力」より「させてしまう力」 海江田哲朗 ●「現代サッカーとは何か?」を考える 山田大記(ジュビロ磐田)×井筒陸也(Criacao Shinjuku) 井筒陸也 ●壁を超えるフットボーラー 短期連載III 田邊雅之 【連載】 蹴人のジレンマ 龍岡歩 デザインドフットボール『言葉』を掘る 岩政大樹 汚点 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか 田崎健太 世界サッカー狂図鑑 金井真紀 スポーツ文化異論 武田砂鉄 ※新連載 フットボーラー経歴マニアックス 土屋雅史 青年監督の本棚 河内一馬 書架へのロングパス 陣野俊史 新刊ガイド サッカー洋書案内 実川元子

電子書籍
価格

1,485(税込)

1,350円 (+消費税135円)

付与コイン
13(*詳細)

作品情報

シリーズ
フットボール批評
著者
レーベル
――
出版社
カンゼン
カテゴリ
実用
ページ概数
164
配信開始日
2021/12/7
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 フットボール批評issue35

編集: フットボール批評編集部

特集 サッカー4局面の解剖学
「攻守の切り替え」は死語である

サッカーの局面は大まかにボール保持、ボール非保持、攻撃→守備、守備→攻撃の4つに分けられる、とされている。一方でビジネスの局面は商談、契約などには分けず、プロジェクトの一区切りを指す意味合いで使われることが多いという。しかし、考えてみれば、サッカーの試合は区切りにくいのに局面を分けようとしているのに対し、ビジネスの場面は区切れそうなのに局面を分けようとしていない。禅問答のようで非常にややこしい。
が、局面そのものを一区切りとするビジネスの割り切り方は本質を突いている。プロジェクト成功という目的さえあれば、やるべきことは様々な局面で自然と明確になるからだ。ならば、ビジネス以上にクリアな目的(ゴール)があるサッカーは本来、ビジネス以上の割り切り方ができる、はず。結局のところ、4局面を解剖する行為は、サッカーの目的(ゴール)を再確認するだけの行為なのかもしれない。

【好評連載】
●現代サッカーの教科書 3
ゲーゲンプレスの構造 河岸貴
●フットボールの主旋律Op.2~カオスに抗うアナリスト~
〈第3楽章〉修正→構築→継続 「3+3+1」+「3」がサッカーの4局面を0局面にする 庄司悟

【特集:サッカー4局面の解剖学】
●愛弟子が語るヴィトール・フラーデ
Interview:カルロス・カルヴァリャル(ブラガ監督)
「彼の理論は試合を妨害しない科学である」 ジョゼ・フレイタス
●4局面再考
Interview:安田好隆(ガンバ大阪ヘッドコーチ) サッカーの局面を切り取り、指導に生かすには 小澤一郎
●トランジションを巡る攻防
「認知されたカオス」を追い求めるワケ 結城康平
●本能が4局面を制する
「無意識レベル」の判断基準は育てられるのか 柴村直弥
●4局面クロニクル
「ターン期」→「循環期」→「完全一体期」までの流れを辿る 龍岡歩
●ドイツ×スペイン在住若手指導者対談
Conversation:TOSHI(ケーニシュタインU-16・U-17監督兼トップチームコーチ)×高田純(コルネジャU-13コーチ兼アナリスト)
二大育成大国の局面論 孫勝基
●ポゼッション志向の田坂和昭はなぜボールを捨てたのか?
ドイツサッカー愛好家が日本で試行錯誤したストーミング実践論 鈴木康浩
●フットサルの再現性の高さからサッカーの進化系を考察する
Interview:橋谷英志郎(バルドラール浦安GKコーチ兼セットプレーコーチ兼アナリスト)
明確な言語化と緻密な整備による最先端のオーガナイズとは? 清水英斗
●バスケットボールからサッカーを再考する
Interview:三原学(安田学園高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ)
サッカーの先を行く攻守の切り替え 木崎伸也
●本質に従う外国人と原則に従う日本人
文化人類学的視点から見る局面の捉え方 中野遼太郎

【フットボールの深海】
●大学サッカー界最後の開拓者かく語りき
部員11人だった阪南大学を一代で屈指の強豪に押し上げた須佐徹太郎の戦記 加部究
●コロナ禍における基礎技術向上メソッド
川添孝一が伝授する得点量産マル秘テク 清水英斗
●「フットボールとは何か?」を考える8 Today's theme Jリーガーの幸福
Conversation:呉屋大翔(大分トリニータ)×井筒陸也(クリアソン新宿ブランド戦略担当)
「成功した『サッカー選手』が幸せになることは、意外と難しい」 井筒陸也

●「サッカー本大賞2022」一次選考会レポート
●書籍刊行記念! フォーメーションの基礎知識
Interview:龍岡歩(おこしやす京都AC戦術兼分析官) 「○○」×「サッカー」で理解する配置の妙 高橋大地

【連載&コラム】蹴人のジレンマ 龍岡歩
汚点 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか 田崎健太
世界サッカー狂図鑑 金井真紀
フットボーラー経歴マニアックス 土屋雅史
※新連載 一生蹴念 サッカー論を進化させる 平岡和徳
※新連載 再構築 「世界一」からの脱却 籾木結花
サッカー文化異論 武田砂鉄
青年監督の本棚 河内一馬
書架へのロングパス 陣野俊史
サッカー洋書時評 実川元子
サッカー本新刊ガイド

価格

1,485(税込)

1,350円 (+消費税135円)

「フットボール批評」シリーズ作品一覧(全34冊)

1,265円〜1,584(税込)

  • 実用 フットボール批評issue35

    特集 サッカー4局面の解剖学
    「攻守の切り替え」は死語である

    サッカーの局面は大まかにボール保持、ボール非保持、攻撃→守備、守備→攻撃の4つに分けられる、とされている。一方でビジネスの局面は商談、契約などには分けず、プロジェクトの一区切りを指す意味合いで使われることが多いという。しかし、考えてみれば、サッカーの試合は区切りにくいのに局面を分けようとしているのに対し、ビジネスの場面は区切れそうなのに局面を分けようとしていない。禅問答のようで非常にややこしい。
    が、局面そのものを一区切りとするビジネスの割り切り方は本質を突いている。プロジェクト成功という目的さえあれば、やるべきことは様々な局面で自然と明確になるからだ。ならば、ビジネス以上にクリアな目的(ゴール)があるサッカーは本来、ビジネス以上の割り切り方ができる、はず。結局のところ、4局面を解剖する行為は、サッカーの目的(ゴール)を再確認するだけの行為なのかもしれない。

    【好評連載】
    ●現代サッカーの教科書 3
    ゲーゲンプレスの構造 河岸貴
    ●フットボールの主旋律Op.2~カオスに抗うアナリスト~
    〈第3楽章〉修正→構築→継続 「3+3+1」+「3」がサッカーの4局面を0局面にする 庄司悟

    【特集:サッカー4局面の解剖学】
    ●愛弟子が語るヴィトール・フラーデ
    Interview:カルロス・カルヴァリャル(ブラガ監督)
    「彼の理論は試合を妨害しない科学である」 ジョゼ・フレイタス
    ●4局面再考
    Interview:安田好隆(ガンバ大阪ヘッドコーチ) サッカーの局面を切り取り、指導に生かすには 小澤一郎
    ●トランジションを巡る攻防
    「認知されたカオス」を追い求めるワケ 結城康平
    ●本能が4局面を制する
    「無意識レベル」の判断基準は育てられるのか 柴村直弥
    ●4局面クロニクル
    「ターン期」→「循環期」→「完全一体期」までの流れを辿る 龍岡歩
    ●ドイツ×スペイン在住若手指導者対談
    Conversation:TOSHI(ケーニシュタインU-16・U-17監督兼トップチームコーチ)×高田純(コルネジャU-13コーチ兼アナリスト)
    二大育成大国の局面論 孫勝基
    ●ポゼッション志向の田坂和昭はなぜボールを捨てたのか?
    ドイツサッカー愛好家が日本で試行錯誤したストーミング実践論 鈴木康浩
    ●フットサルの再現性の高さからサッカーの進化系を考察する
    Interview:橋谷英志郎(バルドラール浦安GKコーチ兼セットプレーコーチ兼アナリスト)
    明確な言語化と緻密な整備による最先端のオーガナイズとは? 清水英斗
    ●バスケットボールからサッカーを再考する
    Interview:三原学(安田学園高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ)
    サッカーの先を行く攻守の切り替え 木崎伸也
    ●本質に従う外国人と原則に従う日本人
    文化人類学的視点から見る局面の捉え方 中野遼太郎

    【フットボールの深海】
    ●大学サッカー界最後の開拓者かく語りき
    部員11人だった阪南大学を一代で屈指の強豪に押し上げた須佐徹太郎の戦記 加部究
    ●コロナ禍における基礎技術向上メソッド
    川添孝一が伝授する得点量産マル秘テク 清水英斗
    ●「フットボールとは何か?」を考える8 Today's theme Jリーガーの幸福
    Conversation:呉屋大翔(大分トリニータ)×井筒陸也(クリアソン新宿ブランド戦略担当)
    「成功した『サッカー選手』が幸せになることは、意外と難しい」 井筒陸也

    ●「サッカー本大賞2022」一次選考会レポート
    ●書籍刊行記念! フォーメーションの基礎知識
    Interview:龍岡歩(おこしやす京都AC戦術兼分析官) 「○○」×「サッカー」で理解する配置の妙 高橋大地

    【連載&コラム】蹴人のジレンマ 龍岡歩
    汚点 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか 田崎健太
    世界サッカー狂図鑑 金井真紀
    フットボーラー経歴マニアックス 土屋雅史
    ※新連載 一生蹴念 サッカー論を進化させる 平岡和徳
    ※新連載 再構築 「世界一」からの脱却 籾木結花
    サッカー文化異論 武田砂鉄
    青年監督の本棚 河内一馬
    書架へのロングパス 陣野俊史
    サッカー洋書時評 実川元子
    サッカー本新刊ガイド

    価格

    1,485(税込)

    1,350円 (+消費税135円)

  • 実用 フットボール批評issue34

    教養としての現代サッカー 時期を合わせるかの如く欧州帰りの選手から「日本と欧州のサッカーは別競技」なる発言が飛び出すようになった。立て続けの印象が強いのは欧州から日本に帰還する選手が増えた証拠であろう。彼らが言いたいのは、欧州のサッカーは善、日本のサッカーは悪ではなく、欧州のサッカーは現代、日本のサッカーは非現代というニュアンスに近いのではないだろうか。もちろん、「組織」などのレンジの広い構造面も含めて……。 好むと好まざるとにかかわらず、現代サッカーの教養を身に付けない限り、「別競技」から「一緒の競技」に再統合することは断じてない。幸いにも同業界には現代サッカーを言語化できる日本人は少ないながらも存在する。攻撃的か守備的か、ボール保持かボール非保持かのようなしみったれた議論には終止符を打ち、現代か非現代か、一緒の競技か別競技かのような雅量に富む議論をしようではないか。 【特集I】教養としての現代サッカー ●現代サッカーの教科書 Ballgewinnspiel ボールを奪うプレー 河岸貴 ●フットボールの主旋律Op.2~カオスに抗うアナリスト~ 第2楽章 有効性か効率性か 「現代サッカーの申し子」ユリアン・ナーゲルスマンを丸裸にする 庄司悟 ●現代サッカーを言語化する 酒井高徳が語る欧州基準と日本基準 柴村直弥 ●真の現代CBとは何か? 冨安健洋に見るCBとSBの差異 ジョナサン・ウィルソン ●現代5レーン征討 コモディティ化されたトレンド戦術を殺す次なる一手を探る 龍岡歩 ●ドイツ式現代GK育成法 田口哲雄(JFA・前ケルン育成部門GKコーチ) 木崎伸也 ●現代サッカーのパフォーマンスを疑え 選手の成長を“見える化”し、進化を加速させよ 里大輔(スピード&ムーブメントコーチ) 鈴木康浩 ●メキシコから見た日本のリアル 西村亮太(U-24メキシコ代表コーチ)×岩政大樹 清水英斗 【特集II】新しい現代サッカーの教科書 ●レッドブル帝国の野望 プレーヤーの限界を引き出す「才能のハッキング」に迫る 結城康平 ●モダンフットボーラー育成論~エコノメソッドの場合~ ダリオ・ロドリゲス・マンチャ(奈良クラブメソッド部門ダイレクター) 小澤一郎 ●現代中学校・高校サッカー育成メソッド FC LAVIDA→昌平高校の場合 河野正 ●明治大学発、現代大学サッカー進化論 プロ量産の背景にある巧みなマネージメントの極意に迫る 加部究 ●ハラスメント問題に揺れるJリーグをどう見るか? 為末大が推奨する「させる力」より「させてしまう力」 海江田哲朗 ●「現代サッカーとは何か?」を考える 山田大記(ジュビロ磐田)×井筒陸也(Criacao Shinjuku) 井筒陸也 ●壁を超えるフットボーラー 短期連載III 田邊雅之 【連載】 蹴人のジレンマ 龍岡歩 デザインドフットボール『言葉』を掘る 岩政大樹 汚点 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか 田崎健太 世界サッカー狂図鑑 金井真紀 スポーツ文化異論 武田砂鉄 ※新連載 フットボーラー経歴マニアックス 土屋雅史 青年監督の本棚 河内一馬 書架へのロングパス 陣野俊史 新刊ガイド サッカー洋書案内 実川元子

    価格

    1,485(税込)

    1,350円 (+消費税135円)

  • 実用 フットボール批評issue33

    秋のフォーメーション集中講座
    今さら「フォーメーション」だけに特化したサッカー雑誌が、しかも東洋の島国から出るとの報せを、もし、イングランドのマンチェスター界隈、それもペップ・グアルディオラ、フアンマ・リージョが奇跡的に傍受したとしたら―。「フォーメーションは電話番号に過ぎない」と切って捨てる両巨頭に、「まだ日本ではそんなことを……」と一笑に付されるのだろう。いや、舌打ちすらしてくれない可能性が高い。
    しかし、同誌はそんなことではめげない。先月無事に開催された東京オリンピック2020におけるなでしこジャパン戦のような感情論一辺倒の応援に似た解説だけでは、フットボールの深淵には永遠に辿り着くことはないと信じて疑わないからだ。「フォーメーション」と「フォーメーション以外」を対立させたいわけでは毛頭なく、フォーメーション観をアップデートし、その攻防をよりロジカルに堪能したい、ただそれだけなのである。


    【新連載】
    ●現代サッカーの教科書 河岸貴

    【特集1】秋のフォーメーション集中講座
    ●フォーメーションは進化しない
    [4-3-3][3-4-3]がリバイバルする必然 西部謙司
    ●フットボールの主旋律Op.2~カオスに抗うアナリスト~
    第1楽章 皿と団子 「10対20」を可能とする究極の「2軸」フォーメーション 庄司悟
    ●最先端フォーメーション攻防解剖学
    [3-2-5]の機能美と「4バック殺し」 龍岡歩
    ●現代フォーメーション実践論
    岩瀬健×岩政大樹 清水英斗
    ●フォーメーション亜種虎の巻
    改めて可変式全盛時代の基礎を学ぶ らいかーると
    ●フォーメーション事情最前線fromスペイン
    「3強」3バック揃い踏みから読み解く数列の価値 木村浩嗣
    ●フォーメーション超越訓
    ミハイロ・ペトロヴィッチ講話 柴村直弥

    【特集2】フォーメーションの教科書
    ●[4-4-2]の教科書
    V・ファーレン長崎・松田浩監督インタビュー
    「攻守のバランスを究極の域に高めること。それがサッカーの本質だ」 鈴木康浩
    ●[3-4-2-1]再考
    コンダクター森﨑和幸が明かす「ミシャシステム」の真髄 柴村直弥
    ●ポステコグルーがJリーグに残した[4-3-3]
    最強川崎にも与えた影響、そして横浜F・マリノスはマスカット流の進化へ 河治良幸
    ●Jリーグ最年少監督のアブノーマル・フォーメーション論
    Y.S.C.C.横浜・シュタルフ悠紀監督インタビュー
    可変や左右非対称のシステムを自在に操る思考法 木崎伸也
    ●「フォーメーションとは何か?」を考える
    中野遼太郎(FSイェルガヴァコーチ)×井筒陸也(Criacao Shinjuku) 井筒陸也
    ●eスポーツ「最強の法則」最前線
    ドリブンクロス、ファー詰めを越える次なる一手を探る 内藤秀明
    ●異端の指導者たちのピッチ掌握術
    高校サッカーを変えた男たちの哲学と系譜 加部究
    ●日欧フォーメーション流行り廃りクロニクル
    直近5シーズンの「初期配置」の変遷 森琢朗

    ●壁を超えるフットボーラー
    短期連載II 二足の草鞋 田邊雅之

    【連載】
    蹴人のジレンマ 龍岡歩
    デザインドフットボール『言葉』を掘る 岩政大樹
    汚点 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか 田崎健太
    世界サッカー狂図鑑 金井真紀
    スポーツ文化異論 武田砂鉄
    青年監督の本棚 河内一馬
    書架へのロングパス 陣野俊史
    新刊ガイド
    サッカー洋書案内 実川元子

    価格

    1,485(税込)

    1,350円 (+消費税135円)

  • 実用 フットボール批評issue32

    禁断の「脱J2魔境マニュアル」

    我が国が誇る2部リーグ・J2は、「魔境」の2文字で片付けられて久しい。この「魔境」には2つの意味が込められていると考える。
    一つは「抜け出したいけど、抜け出せない」、もう一つは「抜け出したいけど、抜け出したくない気持ちも、ほんのちょっぴりある」。
    クラブの苦痛とサポーターの得体のしれない快楽が渾然一体となっているあやふやさこそ、J2を「魔境」の2文字で濁さざるをえない根源ではないだろうか。
    1999年に創設されたJ2は今年で22年目を迎える。そろそろ、メスを入れることさえ許さなかった「魔境」を脱するためのマニュアル作りに着工してもよさそうな頃合いだろう。
    ポジショナルプレーとストーミングのどちらがJ2で有効か、そもそもJ2の勝ち方、J2の残留におけるメソッドはできないものなのか。このように考えている時点で、すでに我々も「魔境」に入り込んでいるのかもしれないが……。


    ●蹴人のジレンマ 龍岡歩 ※新連載
    【特集I】禁断の「脱J2魔境マニュアル」
    ●アルビレックス新潟躍進の必然
    アルベルト式ポジショナルプレー 小澤一郎
    ●「知略勝負」の沼を脱するクラブはどこか
    リカルド・ロドリゲスがJ2に産み落とした戦術的対立構造の最前線 龍岡歩
    ●秋田から吹く熱風
    「ノーザンストーミングフットボール」の正体 木崎伸也
    ●ポジショナルフットボール実践論エピソードII~理想と現実~
    レノファ山口FC・渡邉晋監督インタビュー 清水英斗
    ●J2進化論
    小林伸二が掲げる「全部攻撃」という昇格への道筋 柴村直弥
    ●J2の勝ち方
    高木琢也×岩政大樹 昇格を掴み取る高木流チームマネジメント術 清水英斗
    ●バーベキューはNGなのか? J2残留の処方箋
    北野誠(元讃岐監督)、辻尾真二(元金沢選手)が語る、土壇場で生き残るチーム 海江田哲朗
    【特集II】J2スカウティングレポート
    ●フットボールの主旋律~カオスに抗うアナリスト~
    新潟の木を見て森を見ず 庄司悟
    ●「J2ライジングスター」スカウティングレポート
    シュトゥットガルト元スカウト・河岸貴のお眼鏡に適った「真のベストイレブン」 石沢鉄平
    ●枝D J2クラブ守備分析
    サッカー界に蔓延る最終ラインの呪縛 内田淳二
    ●大宮アルディージャに根付くオランダのエッセンス
    ピム・ファーベクが遺した“パス3原則"とは 倉本和昌
    ●名スカウトが明かすJ2アマチュア選手スカウティング術
    大化けする選手を掘り出すスカウト森淳の現場のリアル 加部究
    ●「J2とは何か? 」を考える
    岩尾憲(徳島ヴォルティス)×鈴木惇(藤枝MYFC)×井筒陸也(Criacao Shinjuku) 井筒陸也
    ●39番目と40番目のクラブから見た「完成したJ2」の10シーズン
    FC町田ゼルビアと松本山雅FCの社長と振り返る時代の変遷 宇都宮徹壱

    【永久保存版】J2全22クラブ補強クロニクル

    ●壁を超えるフットボーラー
    短期連載I ピッチへの生還 田邊雅之

    【連載】
    ●デザインドフットボール 岩政大樹
    ●汚点 田崎健太
    ●世界サッカー狂図鑑 金井真紀
    ●スポーツ文化異論 武田砂鉄
    ●青年監督の本棚 河内一馬
    ●書架へのロングパス 陣野俊史
    ●新刊ガイド 編集部
    ●サッカー洋書案内 実川元子
    ●『サッカー本大賞2021』授賞式レポート 編集部

    価格

    1,584(税込)

    1,440円 (+消費税144円)

  • 実用 フットボール批評issue31

    究極の2021Jリーグアナリティクス

    Jクラブにとってコンセプトの5文字はもしかしたらタブーワードなのかもしれない。
    クラブのコンセプトをひけらかすことは、すなわち“秘伝のレシピ"の流出を意味する。
    もちろん、これはコンセプトという壺にタレが脈々と継ぎ足されているクラブに限った話ではあるのだが……。
    コンセプトを一般公開できないとなれば、こちら側が様々な手法を使って分析していくほかない。
    なぜ、コンセプトの解剖にこれほどまでに執着するのかと言えば、抽象的にJリーグを眺める時代は終わりにしたい、という願望からである。そう、本質の話をしよう、ということだ。
    今回は2021年のJリーグをより具体的に俯瞰できるように、J1・J2・J3のコンセプトマップを筆頭とし、補強からGKのコンセプトまで本質を抉る企画を揃えた。
    この「究極のアナリティクス誌」を携えれば、コンセプトなき“あのクラブ"が手に取ってわかるはず、だ。


    【目次】
    ●フットボールアフォリズム 江間慎一郎
    【特集I】究極の2021Jリーグアナリティクス
    ●フットボールの主旋律~カオスに抗うアナリスト~
    90分間のコンセプトを「一枚の絵」で表す 庄司悟
    ●なぜJリーグは川崎フロンターレを止められないのか
    元シュトゥットガルトコーチ河岸貴が指摘する「別競技性」と「受動的守備」 石沢鉄平
    ●清水エスパルスの新コンセプト論
    大熊清(清水エスパルスGM)×岩政大樹 清水英斗
    ●日欧アナリスト対談「アナリストとゲームモデル」
    杉崎健(元横浜F・マリノスアナリスト)×エドゥアルド・シュミット(FCザンクト・ガレン アシスタントコーチ兼アナリスト) 結城康平
    ●徳島ヴォルティスのコンセプトとは何か
    岡田明彦強化本部長が掲げる「成長型戦略」 柴村直弥
    ●「岡田メソッド」の正体
    サッカークラブの価値を高めるプレーモデルの在り方 小澤一郎
    ●J1全20クラブGKスカッド批評
    GKの陣容から浮かび上がるコンセプトとその行く末 吉沢康一

    【特集II】 日本サッカーにコンセプトは必要か
    ●日本代表コンセプト変遷史
    固有の発動パターン「強気路線」と「謙虚路線」の悪しきループ 龍岡歩
    ●日本を育成大国に導く桜の新育成コンセプト
    「止める・蹴る」でセレッソの何が変わるのか? 加部究
    ●福山シティFCが紡ぐ街の新たな歴史
    広島第2のJクラブへの挑戦 宇都宮徹壱
    ●「フットボールのコンセプトとは何か?」を考える
    河内一馬(鎌倉インターナショナルFC CBO兼監督)×井筒陸也(Criacao Shinjuku) 井筒陸也

    【永久保存版】J1全20クラブ補強クロニクル

    【連載】
    ●※新連載 デザインドフットボール 岩政大樹
    ●汚点 田崎健太
    ●世界サッカー狂図鑑 金井真紀
    ●スペインフットボールジャーナル 木村浩嗣
    ●スポーツ文化異論 武田砂鉄
    ●青年監督の本棚 河内一馬
    ●※新連載 書架へのロングパス 陣野俊史
    ●新刊ガイド 編集部
    ●サッカー洋書案内 実川元子
    ●『サッカー本大賞2021』一次選考会レポート 編集部

    価格

    1,485(税込)

    1,350円 (+消費税135円)

付与コインの内訳

13コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「フットボール批評issue34」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報