セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

「モジュール化」対「すり合わせ」―日本の産業構造のゆくえ

「モジュール化」対「すり合わせ」―日本の産業構造のゆくえ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

中田行彦
安藤晴彦
柴田友厚
ジャンル
実用
レーベル
――
シリーズ
「モジュール化」対「すり合わせ」―日本の産業構造のゆくえ
出版社名
BookWay
配信開始日
2015年05月01日
ページ概数
197 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

なぜ、ここまで日本のものづくりは崩壊してしまったのだろうか?日本は、スマートフォン(スマホ)、液晶、半導体、太陽電池などでも、世界シェアを急激に低下させた。なぜ日本の競争力は急激に低下してしまったのか?その原因として、個別企業の競争戦略、経営者の経営判断とともに、「産業構造」の変化が大きく影響する。経営戦略、経営者の経営判断とともに、「産業構造」の変化が大きく影響する。「産業構造」とは、経済全体を構成する各種の産業の比重や仕組みや関係を意味する。つまり産業の外部環境であり、この外部環境とその変化に、あらゆる産業が影響を受ける。この産業構造の変化に対応できなければ淘汰される。日本はグローバルな産業構造の変化に対応できていないのではないか。このグローバルな産業構造の変化を、ビジネス・アーキテクチャの視点で分析することが目的である。この研究の意義は、ビジネス・アーキテクチャの概念を再定義し、その変化がグローバルな産業構造に与える影響を明らかにすることである。その最終的な目的はグローバルな産業構造に対応できる日本の産業構造への指針を与えることである。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1105 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
連合艦隊の使い方

680円(+税)

横須賀歴史研究室

漫画でわかる

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
知っておきたい結び方の教科書

480円(+税)

『知っておきたい結び方の教科書』製作委員

サクラBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2016年12月19日号No...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アメリカの小学校教科書ドリルでおも...

398円(+税)

松浦庸夫

impress QuickBooks

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
1分間「英会話」BOOK ――1日...

400円(+税)

晴山陽一

impress QuickBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
家電批評 2017年 01月号

630円(+税)

家電批評編集部

家電批評

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
「モジュール化」対「すり合わせ」―...

800円(+税)

中田行彦/安藤晴彦/柴田友厚

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
800円 (+税)
864円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら240コイン(※)
8 + 232コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
500 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです