セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

あの神父は、やっぱりクズだったラノベ

あの神父は、やっぱりクズだった-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

読書ノート、「読み終えた後は」画面、「読書情報」画面で評価をつけることができます。

城道コスケ
イラスト
へいろー
ジャンル
ライトノベル
男性向け
レーベル
HJ文庫
シリーズ
あの神父は、やっぱりクズだった(HJ文庫)
出版社名
ホビージャパン
配信開始日
2016年04月01日
ページ概数
237 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

教会で勇者の蘇生を生業としているラルフはセクハラ常習犯のクズ神父。クズのくせに魔力は魔王をも凌駕する程だが、ラルフを更正させようと頑張る異端審問官の金髪ツインテ少女シャロンはちょっと苦手。前から教会本部に睨まれていたラルフだが、ある日ついに異端認定されてしまう。仲間と見なされたシャロンと2人、愛の(?)逃避行が今始まる。

HJ文庫1月の配信作品

おすすめコメント

痛快!クズ神父の最強伝説

第9回HJ文庫大賞 銀賞受賞作の登場です!

タイトル通り、主人公の神父【ラルフ】はクズ野郎。しかし、悪徳勇者や腐敗官僚がのさばる世界ですので、持ち前の最強魔力で勇者を蹴散らし、官僚に毒づき、さらには魔王を土下座させて、「ヒヒッ…」と気持ち悪く笑う姿はとっても痛快なんです。

あれ?神父、クズじゃなくない?

あまりに痛快な無双劇にそんなことを思ったりもしますが、セクハラ常習犯の破戒神父であり、性格も歪んでいるのでクズなことに間違いはありません。
ヒロインの異端審問官【シャロン】がセクハラを妨害しなかったら、クズ描写が生々しくてR指定になってもおかしくない気さえします。

読者に嫌われない“絶妙なクズっぷり”という、クズさを魅力に昇華したクズ神父の冒険譚をどうぞお楽しみください。

これもおすすめ! ( / )

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
最強喰いのダークヒーローライトノベル

600円(+税)

望公太/へいろー

GA文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
戦うパン屋と機械じかけの看板娘6ライトノベル

619円(+税)

SOW/ザザ

HJ文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
精霊幻想記 6.逢魔の前奏曲ライトノベル

638円(+税)

北山結莉/Riv

HJ文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世界最強は家族と仲良く出稼ぎ中!4ライトノベル

619円(+税)

空埜一樹/和武はざの

HJ文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
<Infinite Dendrog...ライトノベル

638円(+税)

海道左近/タイキ

HJ文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
置き去り勇者と不死鳥の翼ライトノベル

619円(+税)

富永浩史/七六

HJ文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
魔物使いのもふもふ師弟生活ライトノベル

619円(+税)

無嶋樹了/野崎つばた

HJ文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
高1ですが異世界で城主はじめました...ライトノベル

648円(+税)

鏡裕之/ごばん

HJ文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
あの神父は、やっぱりクズだったライトノベル

495円(+税)

城道コスケ/へいろー

HJ文庫

価格
495円 (+税)
535円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:4コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
195 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです