ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

KADOKAWA作品コイン50%還元キャンペーン
マンガ

生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした

4.6 レビューを見る

あらすじ・内容

私も発達障害。息子2人はグレーゾーン。絶望と希望を繰り返す毎日。

発達障害グレーゾーンな息子たちを、自身もADHDと診断された母が懸命に育てる姿をコミックエッセイに。アメブロランキング総合1位を獲得。描きおろし秘話100ページ以上収録し、発売されます。
※紙版発行時の情報です。

電子書籍 SALE コイン

「KADOKAWA作品コイン50%還元キャンペーン」の50%コイン還元が適用されます

価格

2/29 (木) 23:59まで

550(税込)

500円 (+消費税50円)

1,100円 (税込)

付与コイン

2/29 (木) 23:59まで

250(*詳細)

作品情報

シリーズ
生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした(コミックエッセイ)
著者
レーベル
コミックエッセイ
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
マンガ
ページ概数
179
配信開始日
2016/5/26
底本発行日
2016/5
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

マンガ 生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 入学準備編

著者: モンズースー

幼いころから生きづらさを抱えていた著者が生んだ子は、2人とも発達障害グレーゾーン。
未来が怖い、人目が怖い、集団が怖い。
絶望と希望を繰り返しながら、それでもなんとか前向きに生きていく姿に共感と応援の声が相次ぎ、アメブロで総合1位を獲得した実録コミックエッセイ。
ロングセラーとなる1巻・2巻に続き、第3巻では、発達障害の子供を持つ親にとって「進路の壁」と言われる小学校入学に向けた、1年にわたる準備期間を細やかに描く。
幼稚園では1学期中に集団の検査や言葉の検査が始まることに驚き、いざ小学校見学に向かうと各小学校の対応の違いに戸惑う。
知能検査やそれを元にした地域の教育委員会との話し合いによる最終の進路決定など、発達障害の子を持つ親、
自分の子供もグレーゾーンと思っている親にとって、有益な情報も織り交ぜながら、家族の日常を綴っていく。

コイン2/29 (木) 23:59まで

価格

1,210(税込)

1,100円 (+消費税110円)

「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした(コミックエッセイ)」シリーズ作品一覧(全3冊)

550円〜1,210(税込)

  • マンガ 生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした

    発達障害グレーゾーンな息子たちを、自身もADHDと診断された母が懸命に育てる姿をコミックエッセイに。アメブロランキング総合1位を獲得。描きおろし秘話100ページ以上収録し、発売されます。
    ※紙版発行時の情報です。

    SALE2/29 (木) 23:59まで

    コイン2/29 (木) 23:59まで

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

    1,100円 (税込)

  • マンガ 生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 入園編

    幼い頃から生きづらさを抱えていた私が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした。発達障害の子どもを持つ家庭の多くが直面する「進路」をテーマに描く、ロングセラー待望の続編。

    SALE2/29 (木) 23:59まで

    コイン2/29 (木) 23:59まで

    価格

    605(税込)

    550円 (+消費税55円)

    1,210円 (税込)

  • マンガ 生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 入学準備編

    幼いころから生きづらさを抱えていた著者が生んだ子は、2人とも発達障害グレーゾーン。
    未来が怖い、人目が怖い、集団が怖い。
    絶望と希望を繰り返しながら、それでもなんとか前向きに生きていく姿に共感と応援の声が相次ぎ、アメブロで総合1位を獲得した実録コミックエッセイ。
    ロングセラーとなる1巻・2巻に続き、第3巻では、発達障害の子供を持つ親にとって「進路の壁」と言われる小学校入学に向けた、1年にわたる準備期間を細やかに描く。
    幼稚園では1学期中に集団の検査や言葉の検査が始まることに驚き、いざ小学校見学に向かうと各小学校の対応の違いに戸惑う。
    知能検査やそれを元にした地域の教育委員会との話し合いによる最終の進路決定など、発達障害の子を持つ親、
    自分の子供もグレーゾーンと思っている親にとって、有益な情報も織り交ぜながら、家族の日常を綴っていく。

    コイン2/29 (木) 23:59まで

    価格

    1,210(税込)

    1,100円 (+消費税110円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

250コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コイン還元キャンペーン

    50%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」評価・レビュー

評価

4.6

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報