ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

秘め事おたつ三 青葉雨

あらすじ・内容

金貸しおたつ婆の一日は、早朝の散歩から始まる。ある朝、足の不自由な父親とその娘を助けたことから挨拶をする仲に。だが、ここ数日二人の姿が見えない。心配になったおたつが父娘の営む居酒屋を訪ねてみると、父親は寝たきりで、店には柄の悪い男が一人……。口は悪いが、情に厚いおたつは、この訳ありな親子を助けることができるのか――。

電子書籍 最新刊
価格

564(税込)

513円 (+消費税51円)

付与コイン
5(*詳細)

作品情報

シリーズ
秘め事おたつ(幻冬舎時代小説文庫)
著者
レーベル
幻冬舎時代小説文庫
出版社
幻冬舎
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
245
配信開始日
2021/2/4
底本発行日
2021/2/5
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「秘め事おたつ(幻冬舎時代小説文庫)」シリーズ作品一覧(全3冊)

564(税込)

  • 文芸 秘め事おたつ 細雨

    両国の稲荷長屋で金貸しを営むおたつ婆は、口は悪いが情に厚く、困っている人を見過ごせない性分。ある日、常連客の弥之助が身投げを図ろうとした女を連れてくる。訳も訊かず寝食を与えるおたつに、女は自身の過去を語り始めるが……。誰の身の上にもある秘め事。それらを清算すべく、おたつと長屋の仲間達が奮闘する書き下ろし新シリーズ第一弾。

    価格

    564(税込)

    513円 (+消費税51円)

  • 文芸 秘め事おたつ二 鬼の鈴

    口は悪いが、情には厚い金貸しのおたつ婆。おせっかいが高じて、人助けばかりしている。今日も、文無しの浪人を介抱し、挙句「生き別れた娘に一目会いたい」という彼の最期の願いを聞くことに。僅かな手掛りを頼りに、おたつは長屋の仲間達と奔走するが……。おたつ自身もまた、己の過去を清算すべく、ある人物を捜していた。人気シリーズ第二弾。

    価格

    564(税込)

    513円 (+消費税51円)

  • 文芸 秘め事おたつ三 青葉雨

    金貸しおたつ婆の一日は、早朝の散歩から始まる。ある朝、足の不自由な父親とその娘を助けたことから挨拶をする仲に。だが、ここ数日二人の姿が見えない。心配になったおたつが父娘の営む居酒屋を訪ねてみると、父親は寝たきりで、店には柄の悪い男が一人……。口は悪いが、情に厚いおたつは、この訳ありな親子を助けることができるのか――。

    価格

    564(税込)

    513円 (+消費税51円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

5コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「秘め事おたつ三 青葉雨」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報