ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

人格的に問題あり

著者
塵芥時路
価格
480円 480 (+税)
獲得コイン
4 コイン

獲得コイン4コインの内訳

通常購入分
4コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

人格的に問題ありの異名を持つ男の、痛快ラブコメディー

人格破綻者の異名を持つ主人公、勇人。。引きこもりの主人公はある日、自宅の前で携帯で自分を撮影している女性、杏に出会う。勇人は自宅に引きこもっているところを撮影されて、ネットに流されるのでは、と勘違いして杏に接近する。しかし、杏はただ家の屋根の三毛猫を撮影しているだけだった。母親の浮気によって生まれた勇人は、父親に乱暴に育てられ、母親には過保護に育てられて、すっかりひねくれ者の青年になっていた。そんな勇人は杏に注意をしに行ってたのだが、告白をしてしまったのだ。杏は最初は好意的に対応していたが、言い訳ばかりをして、阿婆擦れ女と罵倒する勇人に絶望して、勇人のはじめての告白は撃沈して終わる。そして、勇人は、そんな思いを胸に小説を書きはじめるのだ。処女作を書き終えると、出版社に持ち込みに行くと、そこには編集者をしている杏の姿があった。そして、二人は時々、小説をみせて助言を聞くような中へと発展していくのだった・・・異世界ファンタジーのアンチテーゼ的作品の「人格的に問題あり」。果たして主人公、勇人はどんなストーリーを描いていくのか。引きこもり文学に新たな世界がまた一つ構築される。塵芥時路 (JinkaiTokiji) 広島県尾道市に昭和62年にうまれる。ライターを経て、小説家へと転向。同時に田坂仁志(TasakaHitoshi)として、画家活動も開始する. 主な作品「死人箱」「境界の歪」「パラダイムシフト「神の予兆」」「堕落しかけの狩野の笑顔」「狂ったカラスは真実しか云わない」詩画集「君の月影」など 主な画家活動「日美展、秀作、佳作」「ミレー友好協会展入選」「MOVE展inベルリン出品」「パリ、サロンドートンヌ入選」展覧会「華彩天武展」「乱舞展」「田坂仁志絵画展」など
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有
  • BWインディーズ 著者センター

「人格的に問題あり」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
124

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2018/4/11
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「人格的に問題あり」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面