セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

愛はすべてを超えて

愛はすべてを超えて-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
カレン・ローズ・スミス
著者
シェリル・セント・ジョン
翻訳者
浜口祐実
翻訳者
斉藤潤子
ジャンル
文芸
レーベル
シルエット・スペシャル・エディション
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2016年03月10日
ページ概数
433 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

●『ガラスの絆』(カレン・ローズ・スミス著)傍目には何不自由なく幸せに見えるが、キャリーとブライアン夫婦は子供を切望していた。ある事情から、施設に保護された女性と一緒に暮らすことになって……。●『素顔に恋して』(シェリル・セント・ジョン著)子供の出生をめぐる難題と向き合うため、海辺のホテルを訪れたメレディス。休暇を過ごすジャスティンと出会い、お互いの素性も知らぬまま惹かれ合うが……。

『ガラスの絆』―キャリーとブライアンは、傍目には、裕福でなんの不自由もない幸せなカップルだ。だが、施設に保護された若い未婚の母リサを家に招き入れてから、何かがおかしくなり始めた。心の中で鳴り響く警鐘に、キャリーは必死で耳をふさいだ。


『素顔に恋して』―乳癌を克服し、新たな命を授かったメレディス。ところが子供の出生をめぐり、想像もしなかったトラブルに巻きこまれてしまう。いっときの休息を求めたメレディスは、滞在先のビーチでジャスティンと出会い、心を動かされた。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
罪なプリンス

500円(+税)

カレン・ローズ・スミス/津田藤子

シルエット・ロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
運命の一夜

500円(+税)

カレン・ローズ・スミス/津田藤子

シルエット・ロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ドクターには言えない

500円(+税)

カレン・ローズ・スミス/高田映実

シルエット・ロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
愛は誇り高く

500円(+税)

カレン・ローズ・スミス/雨宮幸子

シルエット・ロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ドクターの素顔

500円(+税)

カレン・ローズ・スミス/沢梢枝

シルエット・ロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
秘められた記憶

500円(+税)

カレン・ローズ・スミス/古都まい子

シルエット・ロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ときめきの予感

700円(+税)

ローリー・ペイジ/カレン・ローズ・スミス/渡辺千穂子/瀧川紫乃

シルエット・スペシャル・エディション

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
結婚という誘惑

600円(+税)

シェリル・セント・ジョン/遠坂恵子

シルエット・スペシャル・エディション

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
愛はすべてを超えて

700円(+税)

カレン・ローズ・スミス/シェリル・セント・ジョン/浜口祐実/斉藤潤子

シルエット・スペシャル・エディション

コインUPキャンペーン対象商品
価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら210コイン(※)
7 + 203コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです