セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

苦手な人が気にならなくなる本

苦手な人が気にならなくなる本-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
山﨑洋実
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
日経BP社
配信開始日
2016年05月18日
ページ概数
147 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

他人との付き合い方で悩むなんてもったいない!
ちょっとした気づきで、人とのかかわりはぐっとラクになる
「職場で合わない人がいて疲れる」 「上司に理不尽な怒りをぶつけられる」
「デキの悪い部下にキツくあたってしまう」 「チームワークが悪くて作業がはかどらない」
「クレーム処理がつらくてたまらない」・・・・・・
この本では、誰もが一度は感じたことのある職場での人間関係の悩みを、
口コミだけで5万人を集めた実績を持つ
カリスマコミュニケーションコーチが一挙に解決します。
クスッと笑えるマンガや書き込み式のワークシート、実践リポートなどを交えながら
コミュニケーションのポイントをやさしく解説。
すぐに実践できて人とのかかわりがラクになるメソッドを紹介していきます。
会社でも、家庭でも、友人関係でも、コミュニケーションの本質は同じ。
「自分と人とのパターンは違う」「安心感が人を動かす」など
実は、とってもシンプルなセオリーに基づいているのです。
難しく考えずに、まずページを開いてみてください。
納得のいく気づきがたくさんあるはずです。
そして、コミュニケーションの本質を理解したら
「声のかけ方」「振る舞い方」など、ひとつだけでも本書で紹介しているメソッドを
実践してみてください。自分も周りも、おもしろいように変わり始めます。
<目次>
はじめに
第1章 みんな違うパターンを持っている
第2章 安心感が人を動かす
第3章 強みを生かしチーム力を発揮する 
第4章 人とかかわることで可能性が広がる
第5章 感情と上手に付き合う
第6章 今の自分とうまく付き合う
あとがき

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1119 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ファイナルファンタジーXIV 光の...

1450円(+税)

マイディー

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
『この素晴らしい世界に祝福を!』×...

1000円(+税)

MF文庫J編集部

コミックキューン

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年4月3日号No.1...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
これ以上やさしく書けない 問題解決...

667円(+税)

西村克己

Panda Publishing

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
食材の切り方便利帖

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート2

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
anan (アンアン) 2017年...

426円(+税)

anan編集部

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
苦手な人が気にならなくなる本

1400円(+税)

山﨑洋実

――

価格
1400円 (+税)
1512円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:14コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1100 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです