ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

島田事件 司法制度の犯罪

著者
伊佐千尋

あらすじ・内容

冤罪はなぜ生じるのか? 日本司法とその制度の病巣にメスを入れた快著!

昭和29(1954)年、静岡県島田市で起きた幼女殺害事件。難航した捜査の末、警察は自白の強要により犯人を仕立てあげました。死刑判決が確定した赤堀政夫さんが再審無罪を勝ちとるまでの34年8ヵ月間を追い、裁判の行方と司法制度の問題点を検証する珠玉のドキュメント。解説は元大阪高裁判事で弁護士の生田暉雄。死刑確定判決が再審無罪となった四大事件の免田、財田川、松山、島田などは冤罪の氷山の一角なのです。
【目次】
第一章 事件発生――出発点の誤り
 発端/目撃者たち/捜査
第二章 無実の声はとどかない――歪められた証言
 起訴/不在証明/公判/被告人の供述/証人の供述/被告人質問①/被告人質問②/被告人質問③/弁論/判決
第三章 弛まざる再審請求――新証拠の発見
 控訴/再診開始決定/自白の信用性
第四章 自白偏重の裁判・検察――汚された正義
 矛盾/確定判決の問題点/鈴木鉄蔵証言/中野ナツ証言/検察官の証拠隠匿/
無罪証拠提出義務/自白強要/石沢岩吉証言/リンパ液/権力の腐敗
第五章 正義の遅延は正義の否定
 判決
あとがき
解説 島田事件の反省――生田暉雄
島田事件略年表

電子書籍
価格

1,540(税込)

1,400円 (+消費税140円)

付与コイン
14(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
戦後犯罪史(NextPublishing)
出版社
solaru(NextPublishing)
カテゴリ
実用
ページ概数
248
配信開始日
2016/8/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

付与コインの内訳

14コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「島田事件 司法制度の犯罪」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報