セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

実録 最低辺の女たち

実録 最低辺の女たち-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
三才ブックス
ジャンル
実用
レーベル
三才ムック
出版社名
三才ブックス
配信開始日
2015年09月30日
ページ概数
547 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

格差社会の底の底…日も当たらぬような湿った場所にひっそりと存在する女たち。彼女たちはおもに出会い系サイトなどを使い身体を売って生計を立てている。貧困に苦しむ女、精神を病んだ女、デブ・ブスと蔑まされても出会い系サイトでしか生きていけない女…これら「最底辺女子」たちの生態。

メンヘラ、最貧困、デブス、コミュ障…格差社会の極地で生きる「売春女子」たちの生き様が明らかに。地雷覚悟で彼女たちと接触、現代社会の闇を照らす、赤裸々なレポート!  <内容> ■第1章 貧困の果てに ・数千円で自宅売春を繰り返す、超絶無気力な貧困女子 ・借金のカタに自らを差し出す、バツイチシングルマザー ・ママ友のランチ会前に経費を捻出する主婦の気苦労 ・潔癖純情娘が微エロライブチャットで小銭を稼ぐ ・フーゾクに沈められる前の“家なき娘”と過ごした儚い3日間 ほか  ■第2章 精神安定としてのセックス ・イケメンを毎朝誘惑する、超絶欲求不満の地方妻 ・いきなり手作り弁当を持参する結婚願望が強すぎる女 ・値段交渉もできない、コミュ障女の意外な一面 ・自分の街から一歩も出られない非援助系女子 ほか  ■第3章 お手軽なワリキリ女子 ・初体験が援交だったブルセラJKの青春 ・タダメシ狙いの主婦と日曜午後のまったりデート ・低価格、かつ需要も少ない田舎娘のエンコー事情 ・男を次々とゴミ屋敷に呼び込む、不衛生な女 ほか  ■第4章 超ド級の地雷たち ・自宅近くで売春する貧困婆さんのささやかなる野望 ・痛々しいほど「ブス」を売りにする女の正体 ・初デートで6千円の蜂蜜を買わせる意識高い系底辺 ほか

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1115 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃大王 2017年4月号

日本国内のみ販売

電撃大王編集部

電撃大王

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Tarzan (ターザン) 201...

398円(+税)

Tarzan編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年3月10日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
深愛

542円(+税)

水樹奈々

幻冬舎文庫

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

417円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊 東京ウォーカー+ 2017年...

269円(+税)

TokyoWalker編集部

Walker

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
実録 最低辺の女たち

500円(+税)

三才ブックス

三才ムック

価格
500円 (+税)
540円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:5コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
200 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです