セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

100%激走する勝負調教大全

100%激走する勝負調教大全-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
井内利彰
ジャンル
新書
レーベル
競馬王新書
出版社名
白夜書房
配信開始日
2015年11月27日
ページ概数
259 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

厩舎の勝負気配を見抜いて稼ぐ!

絶好調の馬だけを買うこと。それが競馬で儲ける最も簡単な方法です。そして、馬の調子は調教欄から手に取るようにわかります。
本書は「勝負調教」と「鉄板スポット」という二つの視点から厩舎ごとに狙えるパターンだけを集め、とことん的中率にこだわった実戦的な内容になっています。
■50厩舎分の「勝負調教」を解読!
過去3年分の調教データを基に各厩舎の調教内容を分析。そこから馬券に直結する勝負調教を厳選しました。調教欄を見ることで簡単に各馬の調子、厩舎の勝負気配を読むことができます。
■新機軸「鉄板スポット」を118個公開!
開催別コース分析を行い、厩舎の勝率が30%以上、または複勝率が60%以上になるスポットを抽出。調教欄の見方がわからない人にも手軽に使える新理論です。厩舎からだけではなく、開催時期、コースからも引くことができるので、「いつ」「どこで」「どの厩舎」を買うべきかが瞬間的にわかります。
2011年リーディングトレーナー、角居勝彦調教師をはじめ、データを裏付ける調教師コメントも必読です!
★電子版ならではのリンク機能付き
「目次」や「鉄板スポット一覧」から各ページにジャンプできるので、該当馬を探す際に便利です。
著者 いうちとしあき
1999年、トラックマンの印を分析した馬券術「番記者番付」の開発者として「競馬王」誌上でデビュー。2001年には、かねてから取材していた白井調教師のアドバイスを基に、調教馬券術「調教Gメン」を発表。膨大な調教データを駆使した斬新な分析で、「調教適性」の存在を世に知らしめる。以来、調教捜査官としてテレビ、雑誌、インターネットなど、様々なメディアで活躍している。

(C)Toshiaki Iuchi/白夜書房 2012

これもおすすめ! ( / )

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サイコパス

741円(+税)

中野信子

文春新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
20歳若返る筋トレ(小学館新書)

日本国内のみ販売

坂詰真二

小学館新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
東芝解体 電機メーカーが消える日

750円(+税)

大西康之

講談社現代新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
警察手帳

800円(+税)

古野まほろ

新潮新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
「歩きスマホ」を英語で言うと? 時...

日本国内のみ販売

石山宏一

小学館新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
黒田官兵衛 軍師の極意(小学館新書...

日本国内のみ販売

加来耕三

小学館新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
輪になれナニワ ガンバ大阪の光輝と...

日本国内のみ販売

佐藤俊

小学館新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
人生の手引き書~壁を乗り越える思考...

800円(+税)

渡部昇一

扶桑社BOOKS新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
100%激走する勝負調教大全

900円(+税)

井内利彰

競馬王新書

価格
900円 (+税)
972円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:9コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
600 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです