セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

梅雨入り直前(T_T 長雨に備えるコイン35倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

ぼくたちの花嫁

ぼくたちの花嫁-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
ジャッキー・バルボサ
翻訳者
古瀬梨乃
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
ハーレクイン・デジタル
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2016年11月25日
ページ概数
63 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

社交界デビュー以来、そそっかしさが仇となり不名誉な評判に悩むグレースは、その日もドレスの裾を踏んで転び、二人連れの紳士をレモネードでびしょ濡れにしてしまった。二人の紳士は丁重に詫びるが早いか、グレースを近くの部屋に連れていくと……ドアを閉めて施錠した。グレースは息をのんだ――閉じこめられてしまった! きっと陵辱されるのだ。「きみに大切な話があるんだ。内密に」えくぼの素敵な紳士はアティクスと名乗り、傍らに立つ美貌の紳士を紹介した。「彼はフィッツジェラルド子爵」子爵が真っ青な瞳で射抜くようにグレースを見つめ、燃えるような熱い手を太腿にのせてくる。「ぼくたちは、しばらく前からきみのことを花嫁候補に考えていた」グレースの心臓がびくんと跳ねた。“ぼくたち”ですって……?「ぼくたちはすべてを分かち合う――女性も含めてね」グレースの胸が早鐘を打ち始めた。「あの……つまり……結婚したら、夫婦のベッドにはあなたがたふたりがいる……ということ?」「そうだ。ふたりできみに触れ、キスをし、舐め、快感で立てなくなるまで突きまくる」

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
背徳の花婿選び~子爵に覗かれて~

300円(+税)

ジャッキー・バルボサ/古瀬梨乃

ハーレクイン・デジタル

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
浅草鬼嫁日記 二 あやかし夫婦は青...

640円(+税)

友麻碧/あやとき

富士見L文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
没落予定なので、鍛冶職人を目指す ...

1200円(+税)

CK/かわく

カドカワBOOKS

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ホーンテッド・キャンパス 白い椿と...

600円(+税)

櫛木理宇/ヤマウチシズ

角川ホラー文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
二分割幽霊綺譚

350円(+税) (06/01まで)

新井素子

講談社文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
グリーン・レクイエム

315円(+税) (06/01まで)

新井素子

講談社文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
かくりよの宿飯 六 あやかしお宿に...

620円(+税)

友麻碧/Laruha

富士見L文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
薔薇十字叢書 縊鬼の囀

580円(+税)

愁堂れな/遠田志帆/京極夏彦

富士見L文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ぼくたちの花嫁

300円(+税)

ジャッキー・バルボサ/古瀬梨乃

ハーレクイン・デジタル

コインUPキャンペーン対象商品
価格
300円 (+税)
324円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら105コイン(※)
3 + 102コインUP
2017/05/29 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
0 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです