セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

入り婿侍商い帖 関宿御用達(三)

入り婿侍商い帖 関宿御用達(三)-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
千野隆司
イラスト
浅野隆広
ジャンル
文芸
日本文学
レーベル
角川文庫
シリーズ
入り婿侍商い帖 関宿御用達(角川文庫)
出版社名
KADOKAWA / 角川書店
配信開始日
2016年02月25日
ページ概数
241 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

米屋の入り婿角次郎、江戸の大火に立ち向かう!

家禄三百五十石の旗本家の次男だった角次郎は、米屋の大黒屋に婿入りした。関宿藩の御用達となり、新米番船で2番に入った大黒屋の商いは順調にみえた。ところが店舗拡大を考え始めた矢先、本所深川一帯で大火事が起こり、大黒屋の店舗も焼失してしまう。散りぢりになった家族や従業員は無事だった倉庫に再集結するが、義母・おトクは帰ってこない。取り乱す義父・善兵衛を気遣いつつ、角次郎は商い再開に向けて動き出すが……。

(C)Takashi Chino 2016

「入り婿侍商い帖 関宿御用達(角川...」シリーズ ( 3 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
入り婿侍商い帖 関宿御用達

600円(+税)

千野隆司/浅野隆広

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
入り婿侍商い帖 関宿御用達(二)

600円(+税)

千野隆司/浅野隆広

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
入り婿侍商い帖 関宿御用達(三)

680円(+税)

千野隆司/浅野隆広

角川文庫

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
本所竪川河岸瓦版 冬花火

476円(+税)

千野隆司

学研M文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
駆け出し同心・鈴原淳之助 : 4 ...

480円(+税)

千野隆司

双葉文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
寺社役同心事件帖 富くじ狂瀾

620円(+税)

千野隆司

朝日文庫

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
へっぴり木兵衛聞書帖 水面の月

476円(+税)

千野隆司

学研M文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
入り婿侍商い帖 出仕秘命(一)

680円(+税)

千野隆司/浅野隆広

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
船頭岡っ引き控 花冷えの霞

476円(+税)

千野隆司

学研M文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
本所竪川河岸瓦版 紅の雁

476円(+税)

千野隆司

学研M文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
本所竪川河岸瓦版 ビードロ風鈴の女

476円(+税)

千野隆司

学研M文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
入り婿侍商い帖 関宿御用達(三)

680円(+税)

千野隆司/浅野隆広

角川文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
680円 (+税)
734円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら203コイン(※)
6 + 197コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
380 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです