ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

草はらをのぞいてみればカヤネズミ ~日本でいちばん小さなネズミの物語~(小学館の図鑑NEOの科学絵本)

あらすじ・内容

【ご注意】※この電子書籍は紙の本のイメージで作成されており、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

希少なカヤネズミの貴重な暮らしぶりに密着。

日本一小さなネズミ、カヤネズミ。体長はわずか6センチ、体重約7グラム。大人の親指ほどの大きさで、かつては草原で多数見られましたが、最近ではすみかの減少とともに希少動物となりました。そのカヤネズミに密着約5年。今では写真に収めるのも大変というこの動物の、生態を見事に切り取りました。こんなにもたくさんの自然の姿は、おそらく本邦初。カヤネズミの、子育て、巣づくり、食事の姿をぜひお楽しみください。

(底本 2022年7月発行作品)

※この作品はカラー版です。

電子書籍 最新刊 コイン
価格

1,287(税込)

1,170円 (+消費税117円)

付与コイン

8/15 (月) 09:59まで

468(*詳細)

作品情報

シリーズ
小学館の図鑑NEOの科学絵本
著者
レーベル
小学館の図鑑NEO+
出版社
小学館
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
49
配信開始日
2022/7/6
底本発行日
2022/7/11
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「小学館の図鑑NEOの科学絵本」シリーズ作品一覧(全5冊)

1,287円〜1,386(税込)

  • 文芸 カブトムシがいきる森(小学館の図鑑NEOの科学絵本)

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

    今年もカブトムシの一年がはじまりました!

    カチャカチャ バキバキ ブロロローン!

    今年もカブトムシの1年がはじまりました!

    夏の雑木林をにぎわす人気もの、カブトムシ。
    しかし、カブトムシにとっての夏は、一瞬にして過ぎ去ってしまうのです…。

    交尾を終えたメスには、たいせつな仕事が待っています。
    メスは、ひとつぶずつ、ていねいに卵を産みつづけていきます。

    そして、いよいよふ化の瞬間。
    とても大きなカブトムシの、小さな、小さな、幼虫時代のはじまりです。

    めぐってゆく季節の中で、命は世代を越えて続いていきます。

    ぐんま昆虫の森で、1年を通じて撮影した写真で、
    人間がつくりだした雑木林とカブトムシとの関わり、
    身近な自然や生物との触れ合いを考える写真絵本です。

    【写真・文】 筒井 学 (つつい まなぶ)
    1965年北海道生まれ。
    1990年より東京豊島園昆虫館に勤務。
    1995年から1997年まで昆虫館施設長を務める。
    その後、群馬県立ぐんま昆虫の森の建設に携わり、
    現在、同園に勤務している。
    昆虫の生態・飼育・展示に造詣が深く、
    昆虫写真家としても活躍している。
    著作は、
    『虫の飼い方・観察のしかた(全6巻)』(共著、偕成社)、
    『クワガタムシ観察辞典』(偕成社)、
    『小学館の図鑑NEO 昆虫』
    『小学館の図鑑NEO 飼育と観察』(共著)など多数。

    筒井学の昆虫VISUALIUM(ヴィジュアリウム)
    http://i-visualium.net/

    (底本 2009年6月発行作品)

    ※この作品はカラー版です。

    コイン8/15 (月) 09:59まで

    価格

    1,386(税込)

    1,260円 (+消費税126円)

  • 文芸 ホタルイカは青く光る(小学館の図鑑NEOの科学絵本)

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

    日本の海にいる、不思議で美味しい生き物。

    日本の海に、とっても不思議なイカがいるって知っていますか?

    富山湾ではホタルイカが名物、ホタルイカ漁がさかんに行われています。
    漁船が網をしかけた場所に到着すると、漁師さんが網を引き上げ始めます。

    船の明かりを消してもらうと……
    網の中が、青い小さな光でいっぱいです!

    ホタルイカは、ふだんは水深200メートルをこえる深海でくらしています。
    それが、富山湾では毎年3~5月の夜になると、メスが産卵のために海面近くにやってくるのです。

    ホタルイカには、もうひとつの不思議があります。

    それは、産卵を終えたホタルイカが、深い海にもどれずに、海岸に大量に打ち上げられてしまうのです。
    この現象は「ホタルイカの身投げ」とよばれています。
    そのようすは、まるで青い光の波がおしよせてくるようです。

    産卵におとずれるホタルイカは数百万匹。
    それぞれがたくさんの卵を生みます。
    おとなになれるのは、その中のわずかですが、次の世代はしっかり残されていて、また翌年の春にもどってくるのです。

    街のすぐ近くの海で、毎年くり返される、ホタルイカの不思議な現象を通じて、人と生き物の関わりを考える写真絵本です。

    (底本 2021年7月発行作品)

    ※この作品はカラー版です。

    コイン8/15 (月) 09:59まで

    価格

    1,287(税込)

    1,170円 (+消費税117円)

  • 文芸 子育てがんばる、カメムシのおかあさん ~ベニツチカメムシとボロボロノキ~(小学館の図鑑NEOの科学絵本)

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

    卵を守り、幼虫のために食べ物を運びます。

    九州と沖縄の里山に生えるボロボロノキ。
    細い枝が折れやすいことから、この名前がつきました。
    このボロボロノキの近くでは、まっ赤なカメムシの集団が見つかります。
    このベニツチカメムシには、不思議な習性があります。

    卵を産んだおかあさんは、お腹に卵をかかえて、大事に守ります。
    そして、卵から幼虫が生まれる直前、クリームのような液体を卵にかけます。
    この液体には、おかあさんの腸内の共生細菌が入っていて、生まれた幼虫たちが食べる最初の食べ物になります。

    幼虫たちが生まれると、おかあさんは、巣から外に出て、ボロボロノキの実をさがし歩きます。
    実の重さは、おかあさんの体重の1.5倍もありますが、いっしょうけんめい、幼虫たちが待つ巣に持ち帰ります。
    幼虫たちが育つためには、この実の汁が欠かせません。
    しかも、実の汁を消化するためには、おかあさんからもらった共生細菌も必要なのです。

    幼虫たちが、自分の力だけで食べ物を見つけるようになると、やがて、おかあさんは……。

    人々の暮らしのすぐそばで、毎年、くり返される、ベニツチカメムシの細やかな子育てとボロボロノキの四季のうつろいを描く写真絵本です。

    (底本 2021年7月発行作品)

    ※この作品はカラー版です。

    コイン8/15 (月) 09:59まで

    価格

    1,287(税込)

    1,170円 (+消費税117円)

  • 文芸 オオムラサキと里山の一年 ~夏の雑木林にかがやく、日本の国蝶~(小学館の図鑑NEOの科学絵本)

    【ご注意】※この電子書籍は紙の本のイメージで作成されており、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

    素晴らしき日本の自然「里山」のシンボル。

    自然が豊かな、里山の雑木林でしか出会えない、大きくて美しいチョウがいます。
    その大きさと輝くような紺色の美しさは、見た人の心に強く焼きつきます。
    オオムラサキは、日本の国蝶にも指定され、雑木林を代表するチョウですが、美しい成虫たちの命は一瞬の夏ともに尽きてしまいます。

    けれども、次の世代の幼虫たちは、ゆっくりと育っているのです。
    しかし、そんな幼虫たちに、天敵が容赦なく襲いかかり、多くの幼虫が命を落としてしまいます。

    木々が幼虫を育て、それを食べて天敵も生きる。
    それが、自然のありのままの姿です。

    豊かな自然があれば、オオムラサキは食べ尽くされることはありません。

    オオムラサキの一生を通して、素晴らしき日本の自然「里山」を考える写真絵本です。

    【写真と文】筒井学(つついまなぶ)
    1965年北海道生まれ。
    1990年より東京豊島園昆虫館に勤務。
    1995年から1997年まで昆虫館施設長を務める。
    その後、群馬県立ぐんま昆虫の森の建設に携わり、現在、同園に勤務している。
    昆虫の生態・飼育・展示に造詣が深く、昆虫写真家としても活躍している。

    (底本 2022年7月発行作品)

    ※この作品はカラー版です。

    コイン8/15 (月) 09:59まで

    価格

    1,287(税込)

    1,170円 (+消費税117円)

  • 文芸 草はらをのぞいてみればカヤネズミ ~日本でいちばん小さなネズミの物語~(小学館の図鑑NEOの科学絵本)

    【ご注意】※この電子書籍は紙の本のイメージで作成されており、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

    希少なカヤネズミの貴重な暮らしぶりに密着。

    日本一小さなネズミ、カヤネズミ。体長はわずか6センチ、体重約7グラム。大人の親指ほどの大きさで、かつては草原で多数見られましたが、最近ではすみかの減少とともに希少動物となりました。そのカヤネズミに密着約5年。今では写真に収めるのも大変というこの動物の、生態を見事に切り取りました。こんなにもたくさんの自然の姿は、おそらく本邦初。カヤネズミの、子育て、巣づくり、食事の姿をぜひお楽しみください。

    (底本 2022年7月発行作品)

    ※この作品はカラー版です。

    コイン8/15 (月) 09:59まで

    価格

    1,287(税込)

    1,170円 (+消費税117円)

付与コインの内訳

468コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コインUPキャンペーン

    40%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「草はらをのぞいてみればカヤネズミ ~日本でいちばん小さなネズミの物語~(小学館の図鑑NEOの科学絵本)」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報