セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

鬼道裁き~裏火盗罪科帖(四)~

鬼道裁き~裏火盗罪科帖(四)~-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

吉田雄亮
ジャンル
文芸
レーベル
光文社文庫
シリーズ
裏火盗罪科帖(光文社文庫)
出版社名
光文社
配信開始日
2016年02月12日
ページ概数
299 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

江戸の巷を震撼させる相次ぐ打毀。暗躍する強賊「黒桔梗」が出没場所に残す黒い桔梗の描かれた絵馬の意味するところは何!? 火盗改メ・長谷川平蔵が組織した「裏火盗」の御頭・結城蔵人の必死の探索も虚しい。高まる町民の怨嗟と不安の声に応えて探索に乗り出す仙波東照宮御宮番の狙いとは!? 謎は謎を呼び、血を招いて……。大好評の裏火盗罪科帖第4弾!

裏火盗罪科帖(光文社文庫) ( 10 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
修羅裁き~裏火盗罪科帖(一)~

500円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夜叉裁き~裏火盗罪科帖(二)~

500円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
龍神裁き~裏火盗罪科帖(三)~

500円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鬼道裁き~裏火盗罪科帖(四)~

600円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
閻魔裁き~裏火盗罪科帖(五)~

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
観音裁き~裏火盗罪科帖(六)~

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
火怨裁き~裏火盗罪科帖(七)~

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
転生裁き~裏火盗罪科帖(八)~

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
留守居役日々暦

640円(+税)

吉田雄亮

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
弁天殺 投込寺闇供養(二)

500円(+税)

吉田雄亮

祥伝社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
盗人奉行お助け組

550円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
茜色の雨 留守居役日々暦

600円(+税)

吉田雄亮

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
中臈隠し候~盗人奉行お助け組(三)...

600円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
花魁殺 投込寺闇供養

500円(+税)

吉田雄亮

祥伝社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
落葉の虹 留守居役日々暦

600円(+税)

吉田雄亮

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
渡り辻番人情帖

600円(+税)

吉田雄亮

角川文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鬼道裁き~裏火盗罪科帖(四)~

600円(+税)

吉田雄亮

光文社文庫

価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:6コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです