セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

GWCP ゴールデンウィークキャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

「即判断」する人は、なぜ成功するのか?

「即判断」する人は、なぜ成功するのか?-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
小関尚紀
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
サンマーク出版
配信開始日
2015年07月09日
ページ概数
197 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

私たちは毎日、悩んでいます。なぜなら、それだけ毎日、「判断」しなければいけないことがあるからです。ちなみにビジネスパーソンは、1日平均で70回判断していると言われています。1週間でおよそ500回、一ヶ月で2000回以上もの判断を、私たちはくり返しているのです。1回の判断に平均1分間悩んだだけでも、月間にして3時間以上もの時間を、ただ「悩む」だけに使っていることになります。本書では、判断のスピードを限りなく上げ、かつ正確性を失わないための思考法を、「意思決定ツール」として、読んだその日から実践できるように紹介しています。身につけるべき思考法(意思決定ツール)は次のたったの4つしかありません。・トレードオフ、・ツリー化、・絞り込み、・ゲーム理論――この4つを身につけるだけで、あなたの判断力は格段に向上し、毎日の仕事が劇的に変化していきます。 *目次より ○「失敗しない行動」をとると、失敗する○判断スピードの速さと利益の大きさは一致する○ドラフト会議で「外れ1位」はなぜ、重要なのか?○悩んでも悩まなくても「意思決定ツール」を使いなさい○美しすぎるフォトグラファーがアフリカの裸族に!?○彼女を喜ばせる最適なプレゼントの選び方○シンガポールに進出したアルビレックス新潟の挑戦○利益を追求すると損をする「ゲーム理論」のカラクリ

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1124 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃大王 2017年6月号

日本国内のみ販売

電撃大王編集部

電撃大王

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃G'sコミック 2017年6月...

日本国内のみ販売

電撃G’sコミック編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年5月15日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

417円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊 東京ウォーカー+ 2017年...

269円(+税)

TokyoWalker編集部

Walker

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
厳選 お蔵入り

500円(+税)

O’CREILLY

O'CREILLY

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
「即判断」する人は、なぜ成功するの...

1090円(+税)

小関尚紀

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1090円 (+税)
1177円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら271コイン(※)
10 + 261コインUP
2017/05/01 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
790 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです