ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

地震・原発列島

あらすじ・内容

巨大地震は地殻に大変動をもたらす。震源が原発付近になれば、原発は津波が来る前に崩壊する。プレートのぶつかり合いによって誕生した、日本列島の地盤は極めてぜい弱だ。活断層はいつでもどこでも生じ得る。

東北地方太平洋沖地震の直後に、深海調査研究船が震源域で海底地形の調査を行なった。高さ50メートル、幅1500メートルの地殻の隆起が、海底に伸びていた。震源から福島第一原子力発電所までの距離は、180キロメートル。巨大地震が、原子力発電所の直下、あるいは近傍で発生すれば、どのような技術的対策も無意味になる。発電所は瞬間的に壊滅する。太平洋沖地震の前の50年余の間に、マグニチュード9クラスの巨大地震が世界で5回発生した。特に、アラスカ西部からアリューシャン列島にかけての太平洋北部で、集中的に3回の巨大地震が発生。日本列島周辺での巨大地震発生は、「想定内」にしなければならなかった。本著で、地球規模の地殻プレートの動きを考慮して、日本列島周辺で発生する巨大地震の様相を述べている。放射線許容量の問題は、生物学的な視点から考察している。被爆者にどのような長期的影響が現れるのかが、分かりにくい。子や孫にも影響が出る可能性があるのだから、生物学の専門家でもない限り、不安の念をふくらませても仕方がない。まして、行政が決める許容量なるものが、行政の都合で勝手に変えられてしまうのだから、何を信じていいのか分からないという感想を、多くの人たちが持つのは当然だ。生体への放射線の影響を正確に知ることによって、日本人が置かれている状況を理解することができる。発電方法が原子力以外に何もないならば、ある程度のコストと犠牲を覚悟の上で、原子力発電に頼らざるを得ない。しかし、発電は、風力発電に見るように、各種のとても古典的な方法で行なうことができる。箱物の建設費だけで数千億円から1兆円を超える、巨大で複雑、かつ危険な原子力発電所で発電をする必要は、全くない。科学においては、客観的な事象に直結した情報やデータを集め、解析し、判断し、帰納法的な考察から結論を出す。科学者である著者は、その方法論を使って本書を書いた。第1章原子力安全神話の恐ろしい背景
第2章とても高くつく原子力発電
第3章必然だった原子力発電所の事故
第4章ガラパゴス化する日本の対応
第5章技術で止められない巨大地震の破壊力
第6章生体への放射線の影響
第7章高レベル放射性廃棄物の悪夢
第8章原子力から再生可能エネルギーへ

電子書籍
価格

462(税込)

420円 (+消費税42円)

付与コイン
4(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
和戸川純
出版社
和戸川純
カテゴリ
実用
ページ概数
219
配信開始日
2022/3/10
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

付与コインの内訳

4コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「地震・原発列島」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報