セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

GWCP ゴールデンウィークキャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

樫乃木美大の奇妙な住人 長原あざみ、最初の事件

樫乃木美大の奇妙な住人 長原あざみ、最初の事件-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
柳瀬 みちる
ジャンル
文芸
日本文学
レーベル
角川文庫
シリーズ
樫乃木美大の奇妙な住人(角川文庫)
出版社名
KADOKAWA / 角川書店
配信開始日
2016年03月25日
ページ概数
281 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

第一回キャラクター小説大賞《大賞》受賞! 日常の謎と青春の日々を美大で追体験!

長原あざみは樫乃木美術大学の1年生。立体造形科に所属の「ぼっち」だ。ある日、同級生の作品を変型させたと疑いをかけられたあざみは、不思議な雰囲気を持つ青年・梶谷七唯に救われるが……。

※本書は第1回角川文庫キャラクター小説大賞《大賞》を受賞した作品を、改稿の上、改題し、文庫化したものが底本です。

(C)Michiru Yanase 2016

プレミアムクラブ

樫乃木美大の奇妙な住人(角川文庫... ( 2 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
樫乃木美大の奇妙な住人 長原あざみ...

560円(+税)

柳瀬 みちる

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
樫乃木美大の奇妙な住人 白の名画は...

600円(+税)

柳瀬 みちる

角川文庫

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
横浜元町コレクターズ・カフェ

520円(+税)

柳瀬 みちる

角川文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
幽落町おばけ駄菓子屋 春風吹く水無...

520円(+税)

蒼月海里

角川ホラー文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

364円(+税) (05/04まで)

太田紫織

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
人類最強の初恋

900円(+税)

西尾維新/竹

講談社ノベルス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
デスマーチからはじまる異世界狂想曲...

1200円(+税)

愛七ひろ/shri

カドカワBOOKS

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
冷酷皇帝と偽りの花嫁~政略からはじ...

200円(+税) (05/04まで)

みなと蒼

マカロン文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

378円(+税) (05/04まで)

太田紫織

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
零崎双識の人間試験

762円(+税)

西尾維新

講談社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
樫乃木美大の奇妙な住人 長原あざみ...

560円(+税)

柳瀬 みちる

角川文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
560円 (+税)
605円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら139コイン(※)
5 + 134コインUP
2017/05/01 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
260 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです