セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

月をくれた伯爵

月をくれた伯爵-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
ジュリア・クイン
翻訳者
山本 泉
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
MIRA文庫
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2016年03月10日
ページ概数
359 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

あの頃わたしはあなたに愛され、月さえもらえると信じていた。人気作家が描く、リージェンシー2部作の華麗な幕開け!

17歳の牧師の娘ヴィクトリアは、ある日、村で美しい青年に微笑みかけられ、ひと目で恋に落ちた。彼の名はロバート。領主の息子で爵位を持つ彼は信じられないことにヴィクトリアに愛を囁き、結婚を約束する――だがふたりの恋は身分違い。駆け落ちの夜に彼女は父親に閉じこめられ、翌日、真実を知らされた。ロバートは彼女と結婚する気など毛頭なく、ロンドンへ発ったと。打ちのめされたヴィクトリアは家を出て家庭教師となり、辛いながらも平穏な生活を手に入れた。7年後ロバートが屋敷の客として現れ、彼女を睨みつけるまでは。■世界中のファンを魅了するベストセラー作家がMIRA文庫に初登場! ジュリア・クインの甘く切ないリージェンシー・ロマンスをお届けします。本作のヒロインは世間知らずな牧師の娘、ヴィクトリア。17歳の彼女は偶然知り合った伯爵ロバートとひと目で恋に落ちます。でも身分違いの恋が祝福されるはずもなく、二人は駆け落ちを決意しますが、ヴィクトリアはロバートに捨てられてしまいます。7年後、家庭教師となったヴィクトリアの前にロバートが現れて……。若い二人の夢見るような恋がとてもロマンティックなぶん、失恋の悲しみは胸が張り裂けるよう。米国ロマンス作家協会で名誉ある〝殿堂入り〟を果たしたジュリア・クインならではの、胸を打つ作品をご堪能ください!

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
たそがれに恋した伯爵

800円(+税)

ジュリア・クイン/兒嶋みなこ

MIRA文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
恋のはじまりは屋根の上で

1200円(+税)

ジュリア・クイン/村山美雪

竹書房文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
僕だけがいない街 Another ...

500円(+税) (03/02まで)

三部けい/一肇

角川書店単行本

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 ほしのこえ

280円(+税) (02/23まで)

大場惑/新海誠

角川文庫

NEW!

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
蜜蜂と遠雷

720円(+税) (02/23まで)

恩田陸

幻冬舎単行本

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
王太子様は無自覚!?溺愛症候群なん...

600円(+税)

ふじさわさほ

ベリーズ文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
デスマーチからはじまる異世界狂想曲...

1200円(+税)

愛七ひろ/shri

カドカワBOOKS

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
没落予定なので、鍛冶職人を目指す ...

1200円(+税)

CK/かわく

カドカワBOOKS

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
月をくれた伯爵

800円(+税)

ジュリア・クイン/山本 泉

MIRA文庫

価格
800円 (+税)
864円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:8コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
500 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです