セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

夢草紙人情おかんヶ茶屋 雪まろげ

夢草紙人情おかんヶ茶屋 雪まろげ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
今井絵美子
ジャンル
文芸
レーベル
徳間文庫
シリーズ
夢草紙人情おかんヶ茶屋
出版社名
徳間書店
配信開始日
2016年07月15日
ページ概数
221 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

おますは舞う粉雪を見て思った。ああ、あの男(ひと)が姿を変えて別れを告げに来てくれたんだと。お腹にはもうすぐ生まれる赤児がいる。そんな娘を見守りながら、母親のおことは心の中で言葉をかけた。おます、泣きたければ泣くがいい。叫びたければ叫び、思いの丈を吐き出すんだ。そうすれば、必ずや、その先に明るい光が見えてくる。そうして少しずつ、女ごは逞しくなっていくのだから……。

夢草紙人情おかんヶ茶屋 ( 7 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢草紙人情おかんヶ茶屋

629円(+税)

今井絵美子

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢草紙人情おかんヶ茶屋 縁の糸

619円(+税)

今井絵美子

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢草紙人情おかんヶ茶屋  今夜だけ

619円(+税)

今井絵美子

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢草紙人情おかんヶ茶屋 夏花

619円(+税)

今井絵美子

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢草紙人情おかんヶ茶屋 うつし花

620円(+税)

今井絵美子

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢草紙人情おかんヶ茶屋 雪まろげ

640円(+税)

今井絵美子

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢草紙人情おかんヶ茶屋 優しい嘘

640円(+税)

今井絵美子

徳間文庫

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
すこくろ幽斎診療記 : 2 梅雨の...

500円(+税)

今井絵美子

双葉文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
すこくろ幽斎診療記 : 4 きっと...

480円(+税)

今井絵美子

双葉文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
虎落笛 照降町自身番書役日誌

560円(+税)

今井絵美子

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢の夢こそ

650円(+税)

今井絵美子

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
暮れがたき 夢草紙人情ひぐらし店

590円(+税)

今井絵美子

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
群青のとき

1700円(+税)

今井絵美子

角川書店単行本

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
夜半の春 照降町自身番書役日誌

560円(+税)

今井絵美子

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
すこくろ幽斎診療記 : 7 親鳥子...

490円(+税)

今井絵美子

双葉文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢草紙人情おかんヶ茶屋 雪まろげ

640円(+税)

今井絵美子

徳間文庫

価格
640円 (+税)
691円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:6コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
340 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです