ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

Grandeひろしま Vol.1 創刊号

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

◆特集1 瀬戸内の島を渡って「とびしま海道」の始まり「安芸灘大橋」を渡って、岡村島から来島海峡の渦を目の当たりにしながら今治へ。観光ではほとんど利用されることのないルートです。今治のお宝スポットをめぐったら、「しまなみ海道」で広島へ。瀬戸内をぐるっと一周する旅の提案です。◆特集2 夏の和ランチ◆特集3 涼しげに暮らす中庭、和菓子、日傘など、蒸し暑い夏を過ごす日本人ならではの知恵や工夫と細やかな心配りを現代風に。◆民俗学者の神崎宣武さん、詩人のアーサー・ビナードさん、井野口慧子さん、カラーアナリストの児玉紀子さん、料理研究家の黒田千晴さん、ナチュラリスト中林光生さん、映画の蔵元順子さん、日本酒ならこの人と言われる石田信夫さん、「巨木を訪ねる会」の加納千里子さんら…皆さんによるそれぞれに味わい深いエッセイもご覧ください。◆コンテンポラリーなアートや活動、地域の人々の自然に寄り添う暮らしの風景を伝える「里山・里海・まち」(第一回は広島市佐伯区湯来町)、マルシェなど、読み応えのあるコンテンツをお楽しみください。◆表紙を飾るのは、毎号、広島ゆかりの若手アーティストの作品。創刊号は岡馬春果さん。

電子書籍
価格

770(税込)

700円 (+消費税70円)

付与コイン
7(*詳細)

作品情報

シリーズ
Grandeひろしま(TME出版)
著者
レーベル
Grandeひろしま
出版社
TME出版
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
108
配信開始日
2016/8/12
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 Grandeひろしま Vol.37

著者: 有限会社グリーンブリーズ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

コロナ禍で人に会うのもためらわれ、ギフトに託して気持ちを伝えることが増えました。そんなギフトのアイデアとして、しゃれた文字やデザインの「缶」に注目しました。缶は中が見えないからこそ、開ける前からワクワクするのです。そして、中身がなくなっても贈ってくださった方の笑顔を思い、取っておきたくなります。そんな魅力溢れる「缶」の物語です。もう一つの特集は、「つなぐ。つながる。」ウェブ上で済ませることは簡単ですが、人と人、人ともの、人と地域がリアルにつながっていく出会いの面白さ、思いがけない展開をあえて楽しむ人々を紹介します。きっとあなたも、誰かに何かに出合ったリアルな感動を伝えたくなるはず。

コイン2022/8/13 (土) 配信予定

価格

770(税込)

700円 (+消費税70円)

「Grandeひろしま(TME出版)」シリーズ作品一覧(全29冊)

770(税込)

  • 文芸 Grandeひろしま Vol.1 創刊号

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ◆特集1 瀬戸内の島を渡って「とびしま海道」の始まり「安芸灘大橋」を渡って、岡村島から来島海峡の渦を目の当たりにしながら今治へ。観光ではほとんど利用されることのないルートです。今治のお宝スポットをめぐったら、「しまなみ海道」で広島へ。瀬戸内をぐるっと一周する旅の提案です。◆特集2 夏の和ランチ◆特集3 涼しげに暮らす中庭、和菓子、日傘など、蒸し暑い夏を過ごす日本人ならではの知恵や工夫と細やかな心配りを現代風に。◆民俗学者の神崎宣武さん、詩人のアーサー・ビナードさん、井野口慧子さん、カラーアナリストの児玉紀子さん、料理研究家の黒田千晴さん、ナチュラリスト中林光生さん、映画の蔵元順子さん、日本酒ならこの人と言われる石田信夫さん、「巨木を訪ねる会」の加納千里子さんら…皆さんによるそれぞれに味わい深いエッセイもご覧ください。◆コンテンポラリーなアートや活動、地域の人々の自然に寄り添う暮らしの風景を伝える「里山・里海・まち」(第一回は広島市佐伯区湯来町)、マルシェなど、読み応えのあるコンテンツをお楽しみください。◆表紙を飾るのは、毎号、広島ゆかりの若手アーティストの作品。創刊号は岡馬春果さん。

    価格

    770(税込)

    700円 (+消費税70円)

  • 文芸 Grandeひろしま Vol.2

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ◆特集1 路線バスで行くプチ旅 広島県には数え切れないほどのバス路線が街を結び、日々の暮らしを支えています。そんな路線バスに乗って、知らない街をたずねます。普段着のまちにはどんな出会いが…どんな発見が…そして、どんな感動が待っているでしょうか。◆特集2 時代を超えて愛される喫茶店まちなかで息長く愛し続けられている喫茶店。歴史に秘められた物語と思いをつたえます。◆特集3 懐かしの煎餅なんの変哲もない「煎餅」。その庶民的な味は、並み居る洋菓子にも負けず健在です。ほとんどの店が昔ながらの手作業で作り続けています。どこか懐かしい味はここから生まれるのかもしれません。◆戦前の広島の先駆者の光を充てる田辺良平さん、独学でハムを手作りする松本進二さんの道を究める努力と心意気、ガリャーシン・ナターリアさん、クニモトミチコさんの作品もすてきです。◆引き続き、民俗学者の神崎宣武さん、詩人のアーサー・ビナードさん、井野口慧子さん、カラーアナリストの児玉紀子さん、料理研究家の黒田千晴さん、ナチュラリスト中林光生さん、映画の蔵元順子さん、日本酒の石田信夫さん、「巨木を訪ねる会」の加納千里子さんらの味わい深いエッセイも読み応えがあります。◆コンテンポラリーなアートや活動、「里山・里海・まち」(第二回は庄原市東城町)、マルシェ紀行 (ひろしまみなとマルシェ)などもじっくりお楽しみください。◆表紙を飾るのは、毎号、広島ゆかりの若手アーティストの作品。秋号は青木聡子さん。

    価格

    770(税込)

    700円 (+消費税70円)

  • 文芸 Grandeひろしま Vol.3

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ◆特集1 「いいこころ」が作る「いい食材、いいお店」私たちが口にするものは単に空腹を満たすものではなく、「おいしい」だけが評価ではありません。生産する人、調理する人など、かかわるたくさんの「いいこころ」に思いを馳せて…。◆特集2 次世代へつなぐ食と農これまでつながらなかった人やもの、情報…。情報発信や流通のしくみを柔軟な発想と緩やかなネットワークで試行錯誤する人々を取り上げました。◆特集3 みんなde ART音楽が、アートが、ダンスが、広島を変えていく。そんなシーンを紹介しています。◆引き続き、民俗学者の神崎宣武さん、詩人のアーサー・ビナードさん、井野口慧子さん、カラーアナリストの児玉紀子さん、料理研究家の黒田千晴さん、ナチュラリスト中林光生さん、映画の蔵元順子さん、日本酒の石田信夫さん、「巨木を訪ねる会」の加納千里子さんらの味わい深いエッセイも読み応えがあります。◆ガリャーシン・ナターリアさんの「ナターシャ・スタジオ」、クニモトミチコさんの「HEARTクラフト」、「里山・里海・まち(第3回呉市安浦町)、まちなかマルシェのご紹介などもじっくりお楽しみください。◆表紙を飾るのは、毎号、広島ゆかりの若手アーティストの作品。冬号は西原陽平さん。

    価格

    770(税込)

    700円 (+消費税70円)

  • 文芸 Grandeひろしま Vol.4

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ◆特集1 秘かに自慢のこの桜地域の人々に連綿と受け継がれ、大切にされてきた桜の数々、その物語を知れば、ますますいとおしく、会いたくなります。◆特集2 春爛漫を味わう桜の季節に合わせて、春らしいお弁当をご紹介しています。料亭の豪華なお弁当も、地域のお母さん手作りのほのぼの弁当も、きっとご満足いただけるはず。また、桜色のドレッシングやさくら餡のもみじ饅頭、桜の塩漬を使った美しい色とやさしい香りのおすしもオススメです。◆特集3 みんなde ART80代の母が古い着物を裂織した布を、娘のアーティストがバッグやタペストリーに仕立てる。そんな親子合作の作品づくりや、折り鶴の再生紙で広島を紹介する「おりづるカルタ」作成にかかわる「いいこころ」を持った人々、広島でプチブレイク中のシンガーを取材しました。◆引き続き、民俗学者の神崎宣武さん、詩人のアーサー・ビナードさん、井野口慧子さん、カラーアナリストの児玉紀子さん、料理研究家の黒田千晴さん、ナチュラリスト中林光生さん、映画の蔵元順子さん、日本酒の石田信夫さん、「巨木を訪ねる会」の加納千里子さんらの味わい深いエッセイも読み応えがあります。◆ガリャーシン・ナターリアさんの「ナターシャ・スタジオ」、クニモトミチコさんの「 HEARTクラフト」、仏画を描く藤野悦子さん、古事記をオリジナルに解釈し、本を出版した田島恒さんの取り組み、「里山・里海・まち」(第4回は三原市佐木島)、まちなかマルシェ (京橋マルシェ談路)のご紹介などもじっくりお楽しみください。◆表紙を飾るのは、毎号、広島ゆかりの若手アーティストの作品。春号は藤野陽平さん。

    価格

    770(税込)

    700円 (+消費税70円)

  • 文芸 Grandeひろしま Vol.5

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ◆特集1 私の宝ものがたり「宝物」は高価なもの、珍しいものだけではありません。カタチはないけれど、そっとしまっておきたい思い出や出会いということもあります。また、亡くなった人を思う気持ちや平和を願う心も、広島のたいせつな宝物です。 ◆特集2 夏のお菓子 ◆特集3 みんなde ART「袋物を作る」。遊びに夢中になる幼子のように手仕事に没頭する幸せ…。作品には、作った人の楽しい時間が眠っています。使う方にもその楽しさ、うれしさがきっと伝わるはずです。◆民俗学者の神崎宣武さん、詩人のアーサー・ビナードさん、井野口慧子さん、カラーアナリストの児玉紀子さん、料理研究家の黒田千晴さん、ナチュラリスト中林光生さん、映画の蔵元順子さん、日本酒ならこの人と言われる石田信夫さん、「巨木を訪ねる会」の加納千里子さんら…皆さんによるそれぞれに味わい深いエッセイもご覧ください。◆滝や水琴窟など夏に楽しみたい水のある風景、地域の人々の自然に寄り添う暮らしを伝える「里山・里海・まち」は広島市安佐北区狩留家、マルシェなど、読み応えのあるコンテンツもお楽しみください。◆表紙を飾るのは、毎号、広島ゆかりの若手アーティストの作品。今回は昭和54年生まれの川崎正人さんの「さんぽ」。

    価格

    770(税込)

    700円 (+消費税70円)

付与コインの内訳

7コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「Grandeひろしま Vol.1 創刊号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報