セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

イノベーション―活性化のための方策

イノベーション―活性化のための方策-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

後藤晃
ジャンル
実用
レーベル
――
シリーズ
イノベーション―活性化のための方策
出版社名
東洋経済新報社
配信開始日
2016年02月19日
ページ概数
255 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

日本のイノベーション・システムをどのように改革していくべきか?企業、大学、公的研究機関、政策当局の進化と相互作用を促す方策を示す。イノベーションとはこれまでとは違う、新しいことをすること、一歩踏み出すこと、である。その究極の目的は、人々の生活を豊かにすることである。日本はこれまで、素晴らしいイノベーションを世界に送り出してきた。今後もイノベーティブな国であるためには何をすべきか。本書ではイノベーションを考えるにあたって理解しておくべき基本的な概念や考え方のフレームワークを説明し、それに基づいて日本のイノベーション・システムについて検討している。重要なことは、第一に、短期的な景気の浮揚といった次元を超えて、長期的な視点に立って日本の将来を考えることである。第二に重要なのは、イノベーティブな社会を作るためには、国全体としてどのようにすべきか、という視点からの検討をすることである。日本のイノベーション・システムをどのように改革していくのかを考えるにあたっては、まず、現在のシステムの問題を把握し、次いで、それを構成する個々の企業や大学、公的研究機関が進化していくことを促すことが必要である。さらには、それらの間の実りある相互作用を促すことである。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1105 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘...

2500円(+税)

コンプティーク編集部

カドカワデジタルコミックス

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
連合艦隊の使い方

680円(+税)

横須賀歴史研究室

漫画でわかる

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
知っておきたい結び方の教科書

480円(+税)

『知っておきたい結び方の教科書』製作委員

サクラBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2016年12月19日号No...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
VERY(ヴェリィ) 2017年1...

556円(+税)

VERY編集部

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Deep Learning Jav...

3400円(+税)

巣籠 悠輔

impress top gearシリーズ

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
イノベーション―活性化のための方策

2340円(+税)

後藤晃

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
2340円 (+税)
2527円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら701コイン(※)
23 + 678コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
2040 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです