セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

芸者さんの言うとおりマンガ

芸者さんの言うとおり-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

読書ノート、「読み終えた後は」画面、「読書情報」画面で評価をつけることができます。

著者
ばたこ
ジャンル
マンガ
女性向け
女性マンガ
レーベル
リュエルコミックス
シリーズ
芸者さんの言うとおり(リュエルコミックス)
出版社名
実業之日本社
配信開始日
2016年07月30日
ページ概数
184 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

半玉(見習い芸者)と箱屋(芸者のお世話係)の禁断の恋。着物の知識も得られる“ロマンス&レトロ”ストーリー! 時は昭和4年浅草。東洋初の地下鉄が開業し人にも町にも活気があふれていた頃。華やかな花柳界の裏側に陰で支える人たちがいた。浅草の花柳界の窓口、「見番」で働く男性の事を箱屋と呼ぶ。彼らはマネージャーのように、時には家族のように、芸者たちのサポートをする。もちろん芸者と箱屋の間での恋愛はご法度だ。孝三は新米の箱屋、小梅は半玉三年目の芸者。じつはふたりは秘密の恋人同士だった。きっかけは小梅からだった。借金の形に花柳界に入った小梅は恋愛経験がなく、周りに孝三以外の若者がいない。恋愛経験を積めば芸にも幅が広がると考えてのことだった。もちろん小梅は将来旦那(金銭的支援をしてくれる贔屓の客)が付き、水揚(旦那と初めての肉体関係を持つこと)される身であるので、孝三との恋愛はごっこ遊びのようなものだ。しかし恋人関係を演じるうち、お互いに少しずつ惹かれてあっていき…。COMICリュエル連載中から「切なすぎる!」と話題を呼んだラブストーリー。みずから着付けもする著者だから描ける着物のディテールにも注目!

(C)ばたこ/実業之日本社

これもおすすめ! ( / )

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
獣人と囚われの少女(1)マンガ

100円(+税)

ばたこ

カドカワデジタルコミックス

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ふたりごはん <恋の味> / 1マンガ

480円(+税)

ただりえこ/浅野りん/グリコ/芋畑サリー・キタキ滝/ウオズミアミ/丸山いくら/ばたこ/サワミソノ/糸由はんみ/きのしたきのこ/朝陽昇/山崎零/中野鳴海

思い出食堂

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
夢よみ珈琲喫茶店(1)マンガ

100円(+税)

ばたこ

カドカワデジタルコミックス

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
オネェ吸血鬼と笑わないメイド 2マンガ

612円(+税)

倉野ユーイチ

リュエルコミックス

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
お嬢と七匹の犬 2マンガ

612円(+税)

岩飛猫

リュエルコミックス

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
人間に恋した鬼は咲う 1マンガ

612円(+税)

雪森寧々

リュエルコミックス

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
グッド・バイマンガ

900円(+税)

羽生生純/太宰治

リュエルコミックス

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
嫌がってるキミが好き 1マンガ

612円(+税)

鬼山瑞樹

リュエルコミックス

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
芸者さんの言うとおりマンガ

612円(+税)

ばたこ

リュエルコミックス

価格
612円 (+税)
661円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:6コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
312 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです