セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

いつでもどこでも結果を出せる自己マネジメント術

いつでもどこでも結果を出せる自己マネジメント術-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

編者
ジョスリン・K・グライ
訳者
上原裕美子
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
サンマーク出版
配信開始日
2015年10月09日
ページ概数
223 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

メール、フェイスブック、ツイッター、人から頼まれた用事……その時間、「本当に大事なこと」に使えていますか? 新しいテクノロジーが導入されるに伴って、私たちの仕事を取り巻く環境は急速に変化しています。情報やおしゃべりがひっきりなしに流れ込み、急ぎの用事であちらへ、またこちらへと引き回される――本当に大切な活動に集中する場所を見つけるのは困難になる一方です。そんななか、起業家、コンサルタント、映画監督、大学教授、作家、アーティストといった、さまざまな分野の第一線で活躍するプロフェッショナルたちが、新しい時代においてすぐれた結果を生み出していくための選りすぐりの知恵を持ち寄ったのが本書です。毎日の仕事のリズムを最適化し、あなたが本来備えている「創造性」を最大限に発揮するための実践的な方法が満載。本書をきっかけに、ずっと形にならないままだったアイデアを実現させる第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。 *目次より CHAPTER01:「習慣」を柱にする ●「エネルギー回復」は仕事の一部と考えなさい etc./CHAPTER02:「集中力」を高める ●失われた創造性を取り戻す「すきま」の作り方 etc./CHAPTER03:「ツール」に振り回されない ●デート中はスマートフォンの電源を切りなさい etc./CHAPTER04:「クリエイティブ・マインド」を磨く ●スランプに陥ることが一流への第一歩 etc.

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1120 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃大王 2017年5月号

日本国内のみ販売

電撃大王編集部

電撃大王

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
食材の切り方便利帖

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
anan (アンアン) 2017年...

426円(+税)

anan編集部

――

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ひとり暮らしの簡単!自炊BOOK

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年4月10日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊 東京ウォーカー+ 2017年...

269円(+税)

TokyoWalker編集部

Walker

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
いつでもどこでも結果を出せる自己マ...

1180円(+税)

ジョスリン・K・グライ/上原裕美子

――

価格
1180円 (+税)
1274円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:11コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
880 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです