セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

『大寒』だけど寒さに負けるな!コイン最大45倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

シャッター通りの死にぞこない

シャッター通りの死にぞこない-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
福澤徹三
ジャンル
文芸
レーベル
双葉文庫
出版社名
双葉社
配信開始日
2015年09月02日
ページ概数
328 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

潰れかけたシャッター商店街に、元ヤミ金の男が流れついた。さびれた店と老人だらけのこの商店街はバンビロードというよりゾンビロード。男は住人の依頼で町おこしイベントをでっちあげるが、当然のように大失敗。昭和のアッパー系おやじアサカツの登場で、事態はカオスの頂点へ。著者初の長篇小説は、3ページに1回は腹筋が痛くなるハイテンションコメディ。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
忌談

460円(+税)

福澤徹三

角川ホラー文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
侠飯3 怒濤の賄い篇

639円(+税)

福澤徹三

文春文庫

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ヤングマガジン 2016年47号 ...マンガ

333円(+税)

金城宗幸/荒木光/南勝久/平本アキラ/松本光司/松岡圭祐/清原紘/宮下英樹/アズ/福澤徹三/薩美佑/木多康昭/柳内大樹/福本伸行/楠みちはる/しげの秀一/桜場コハル/クロマツテツロウ/次恒一/こばやしひよこ/三田紀房/関口かんこ/渡辺潤/今井ユウ/ジャスミン・ギュ/蘇募ロウ/小田原ドラゴン

ヤングマガジン

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
忌談 3

480円(+税)

福澤徹三

角川ホラー文庫

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ヤングマガジン 2016年49号 ...マンガ

333円(+税)

平本アキラ/藤沢とおる/金城宗幸/荒木光/南勝久/アズ/しげの秀一/宮下英樹/Boichi/渡辺潤/NON/関口かんこ/蘇募ロウ/松本光司/村田ひろゆき/岩城宏士/三田紀房/福澤徹三/薩美佑/桜場コハル/クロマツテツロウ/次恒一/ジャスミン・ギュ/今井ユウ/福満しげゆき/五十嵐健三/小田原ドラゴン

ヤングマガジン

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
怪談歳時記 12か月の悪夢

540円(+税)

福澤徹三

角川ホラー文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
侠飯2 ホット&スパイシー篇

667円(+税)

福澤徹三

文春文庫

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ヤングマガジン 2017年4・5号...マンガ

333円(+税)

福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也/南勝久/ハロルド作石/金城宗幸/荒木光/松本光司/平本アキラ/福澤徹三/薩美佑/福本伸行/宮下英樹/関口かんこ/藤沢とおる/アズ/柳内大樹/Boichi/クロマツテツロウ/次恒一/村田ひろゆき/しげの秀一/桜場コハル/三田紀房/NON/ジャスミン・ギュ/CLAMP/五十嵐健三/小田原ドラゴン

ヤングマガジン

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
シャッター通りの死にぞこない

530円(+税)

福澤徹三

双葉文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
530円 (+税)
572円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら105コイン(※)
5 + 100コインUP
2017/01/23 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
230 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです