ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

KADOKAWA作品コイン50%還元キャンペーン
実用

勝負の分かれ目(上)

著者
下山 進
レビューを見る

あらすじ・内容

それは資本主義を変える、革命的な闘いだった!

若田部昌澄が日銀副総裁就任直前に再評価、日本の新聞・出版が崩壊の危機に瀕する今、再び注目される技術革新によるメディアと人間の変貌の物語。

「日本人にかくも壮大かつ重厚なノンフィクションが書けるのかと驚嘆した。(中略)。市場経済の変化がメディアとジャーナリズムを否応なく変えていく半世紀余りをトップ経営者から現場記者まで、国際的、複眼的、重層的に描き出す」
(若田部昌澄 早稲田大学政治経済学部教授・当時 週刊ダイヤモンド 2017年9月30日号)

プロローグ
第1章  潰れかかった通信社
第2章  取引所とコンピュータ
第3章  黄金郷へ
第4章  国士
第5章  筆剣一如
第6章  同盟解体
第7章  強者連合
第8章  独裁と密告
第9章  退場する将軍
第10章  漂う通貨
第11章  ロイター・モニター
第12章  裏切られた革命

※本書の続編『勝負の分かれ目(下)』には、電子書籍版特典として著者がこれからのメディアの在り方について記した「そして『2050年のメディア』へ」を収録しています。

電子書籍 完結 SALE コイン

「KADOKAWA作品コイン50%還元キャンペーン」の50%コイン還元が適用されます

価格

2/29 (木) 23:59まで

506(税込)

460円 (+消費税46円)

1,012円 (税込)

付与コイン

2/29 (木) 23:59まで

230(*詳細)

作品情報

シリーズ
勝負の分かれ目(角川文庫)
著者
レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
実用
ページ概数
512
配信開始日
2019/2/8
底本発行日
2002/1/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 勝負の分かれ目(下)【電子特典付き】

著者: 下山 進

「小説書きの側からすると、男と女の深淵に迫るというのではなしに、どうやったらこんなに素晴らしいものが作れるのかと、唖然とする」。後に直木賞作家になる白石一文はこの本のゲラを最初に読んだ時、こう著者宛ての手紙にしたためた。

 記者クラブの自由化、通信の自由化とともに、日本経済新聞のカネを生む端末QUICKに一挙に苦境が訪れる。ディーラーが株や通貨の運用を分析する端末から始まったブルームバーグがニュース帝国を築き、ロイターはついにサイバー空間上に為替市場をつくりだした。カネがカネを生むマネー資本主義の成立に翻弄されながらも、世紀のスクープに挑む記者たち。不朽の名作完結編。

第13章  カジノか、ジャーナリズムか
第14章  進出
第15章  黄金の八〇年代
第16章  森田失脚
第17章  バブル崩壊
第18章  金融からジャーナリズムへ
第19章  兜倶楽部開放
第20章  試練
第21章  記者たち
第22章  東京三菱銀行合併スクープ異聞
第23章  愛する者のために
エピローグ
文庫版特別書き下ろし 新章 はてしない物語
解説 外岡秀俊

※電子書籍版特典として、著者がこれからのメディアの在り方について記した「そして『2050年のメディア』へ」を収録しています。

SALE2/29 (木) 23:59まで

コイン2/29 (木) 23:59まで

価格

708(税込)

644円 (+消費税64円)

1,012円 (税込)

「勝負の分かれ目(角川文庫)」シリーズ作品一覧(全2冊)

506円〜708(税込)

  • 実用 勝負の分かれ目(上)

    若田部昌澄が日銀副総裁就任直前に再評価、日本の新聞・出版が崩壊の危機に瀕する今、再び注目される技術革新によるメディアと人間の変貌の物語。

    「日本人にかくも壮大かつ重厚なノンフィクションが書けるのかと驚嘆した。(中略)。市場経済の変化がメディアとジャーナリズムを否応なく変えていく半世紀余りをトップ経営者から現場記者まで、国際的、複眼的、重層的に描き出す」
    (若田部昌澄 早稲田大学政治経済学部教授・当時 週刊ダイヤモンド 2017年9月30日号)

    プロローグ
    第1章  潰れかかった通信社
    第2章  取引所とコンピュータ
    第3章  黄金郷へ
    第4章  国士
    第5章  筆剣一如
    第6章  同盟解体
    第7章  強者連合
    第8章  独裁と密告
    第9章  退場する将軍
    第10章  漂う通貨
    第11章  ロイター・モニター
    第12章  裏切られた革命

    ※本書の続編『勝負の分かれ目(下)』には、電子書籍版特典として著者がこれからのメディアの在り方について記した「そして『2050年のメディア』へ」を収録しています。

    SALE2/29 (木) 23:59まで

    コイン2/29 (木) 23:59まで

    価格

    506(税込)

    460円 (+消費税46円)

    1,012円 (税込)

  • 実用 勝負の分かれ目(下)【電子特典付き】

    「小説書きの側からすると、男と女の深淵に迫るというのではなしに、どうやったらこんなに素晴らしいものが作れるのかと、唖然とする」。後に直木賞作家になる白石一文はこの本のゲラを最初に読んだ時、こう著者宛ての手紙にしたためた。

     記者クラブの自由化、通信の自由化とともに、日本経済新聞のカネを生む端末QUICKに一挙に苦境が訪れる。ディーラーが株や通貨の運用を分析する端末から始まったブルームバーグがニュース帝国を築き、ロイターはついにサイバー空間上に為替市場をつくりだした。カネがカネを生むマネー資本主義の成立に翻弄されながらも、世紀のスクープに挑む記者たち。不朽の名作完結編。

    第13章  カジノか、ジャーナリズムか
    第14章  進出
    第15章  黄金の八〇年代
    第16章  森田失脚
    第17章  バブル崩壊
    第18章  金融からジャーナリズムへ
    第19章  兜倶楽部開放
    第20章  試練
    第21章  記者たち
    第22章  東京三菱銀行合併スクープ異聞
    第23章  愛する者のために
    エピローグ
    文庫版特別書き下ろし 新章 はてしない物語
    解説 外岡秀俊

    ※電子書籍版特典として、著者がこれからのメディアの在り方について記した「そして『2050年のメディア』へ」を収録しています。

    SALE2/29 (木) 23:59まで

    コイン2/29 (木) 23:59まで

    価格

    708(税込)

    644円 (+消費税64円)

    1,012円 (税込)

付与コインの内訳

230コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コイン還元キャンペーン

    50%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「勝負の分かれ目(上)」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報