ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

新書

高血圧のほとんどは薬はいらない! 50歳・男性で155は正常値

著者
大櫛陽一

あらすじ・内容

血圧130を超えると高血圧――は「常識のウソ」だった

日本では、血圧が「130」を超えると高血圧とされる。
だが、この数値は絶対的なものではなかった。
例えば2014年4月、日本人間ドック学会が発表した基準値では、
「147」までが正常値とされた。
このように血圧の基準値というのはいくつも存在しており、
それら基準値の中でも130というのは「低め」の設定なのである。
では、なぜ、基準値はいくつもあるのか?
そもそも血圧とは、年齢別で考えるべきものである。
同じ成人でも40歳と80歳をひとつの基準で括るのは無理がある。
血管は年齢とともに柔軟さを失っていくので、
年長者になるほど高い血圧で血液を流れやすくしている。
それを、130という低めの基準値によって「高血圧」に該当させてしまうと、
年長者に必要な血圧をも降圧剤で下げることになる。
その結果、薬で血圧を下げた人ほど脳梗塞になりやすい、
という研究・調査も確認されているほどだ。
なぜこうしたことが起きるのか。どう対応すればいいのか。
本書はこうした「血圧130の常識のウソ」を説き、
高血圧とは何かを全36話で学ぶものである。

大櫛陽一(おおぐし・よういち)1971年、大阪大学大学院工学研究科修了。大阪府立羽曳野病院、大阪府立成人病センター、大阪府立母子センター、大阪府立病院などを経て、1988年より東海大学医学部教授。2012年より東海大学名誉教授。2006年、日本総合健診医学会シンポジウムで、全国約70万人の健康診断結果から、日本初の男女別・年齢別基準範囲を発表するなど精力的な調査、研究に定評がある。大櫛医学情報研究所所長

電子書籍
価格

770(税込)

700円 (+消費税70円)

付与コイン
7(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
角川SSC新書
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
新書
ページ概数
134
配信開始日
2014/10/8
底本発行日
2014/9/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

付与コインの内訳

7コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「高血圧のほとんどは薬はいらない! 50歳・男性で155は正常値」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報