セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

F-2の科学 知られざる国産戦闘機の秘密

F-2の科学 知られざる国産戦闘機の秘密-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
青木謙知
赤塚聡
ジャンル
新書
科学
レーベル
サイエンス・アイ新書
出版社名
SBクリエイティブ
配信開始日
2016年01月20日
ページ概数
211 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

国産戦闘機F-2とはどんな戦闘機なのか?

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【航空評論家の第一人者、青木謙知氏がF-15Jの秘密を1冊にまとめました!】
【F-15Jイーグルの元パイロットで、航空写真家の赤塚 聡氏による空撮写真が満載!】

2000年から配備が始まったF-2は、日本の防衛に最適化するべく、
すぐれた対艦・対地戦闘能力を備えたマルチロール・ファイターです。

F-16をベースにしていますが、開発の主契約社は三菱重工業であり、
国産戦闘機といっても過言ではありません。

東北地方太平洋沖地震で発生した津波により18機が被災しましたが、
13機が修理中で、F-35の配備後も現役機として運用されます。

本書ではこのF-2に注目し、その秘密を科学的に解説します。

【この本の内容(一部)】
●F-2は実質的に多用途戦闘機
●要撃戦闘機と支援戦闘機とは?
●F-2に求められたものは?
●F-2のもとになったのはF-16
●F-16の進化1
●F-2のF-16からの改造箇所は?
●運動性向上の方策
●F-2の運動性
●F-2の速度、加速力
●F-2の電子機器とレーダー
●F-2の兵装搭載能力
●F-2の胴体
●F-2の主翼
●F-2のキャノピーとコクピット
●F-2のコクピット

(C) 青木謙知 2014

これもおすすめ! ( / )

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
副業のススメ―週刊東洋経済eビジネ...

140円(+税) (05/11まで)

週刊東洋経済編集部

週刊東洋経済eビジネス新書

オトク!!

新書

  • Check!
  • カートに入れる
算数・数学が得意になる本

420円(+税) (05/04まで)

芳沢光雄

講談社現代新書

オトク!!

新書

  • Check!
  • カートに入れる
数学的思考法 説明力を鍛えるヒント

420円(+税) (05/04まで)

芳沢光雄

講談社現代新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
戦争にチャンスを与えよ

788円(+税)

エドワード・ルトワック/奥山真司

文春新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捨てられる銀行2 非産運用

750円(+税)

橋本卓典

講談社現代新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
損する結婚 儲かる離婚

740円(+税)

藤沢数希

新潮新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
はじめての森田療法

490円(+税) (04/27まで)

北西憲二

講談社現代新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
臆病者のための株入門

743円(+税)

橘玲

文春新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
F-2の科学 知られざる国産戦闘機...

1000円(+税)

青木謙知/赤塚聡

サイエンス・アイ新書

価格
1000円 (+税)
1080円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:10コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
700 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです