セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

秘書の華麗なる変身

秘書の華麗なる変身-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
ケイト・カーライル
翻訳者
松島なお子
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
ハーレクイン・ディザイア
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2015年10月01日
ページ概数
162 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

分厚い眼鏡とぶかぶかの服を捨て、醜いあひるの子は変身を決意した。

まじめな秘書のケリーはめずらしく長めの休暇をとった。目的は、仕事関係でもうすぐ再会する予定の元恋人に、ふったことを後悔させるくらい魅力的な女性に変身すること。体重を絞り、髪型も服装も一新して会社に復帰すると、ボスのブランドンから驚きもあらわに迎えられた。彼のいつもとは違う熱いまなざしに、ケリーの胸は高鳴った。でも、彼がこれまで数多の女性と浮き名を流すのを見てきたし、彼女たちへの手切れの贈り物を調達したのは、この私。愛を信じないボスに心を奪われたら同じ轍を踏むと知りつつも、彼にキスを迫られると、ケリーは抗いきれなくなり……。■『秘書とハンサムな悪魔』、『甘い週末の代償』に続く養子3兄弟の恋物語をお贈りします。5年ものあいだ、秘書の野暮ったい外見の下に美しい女性が隠れていたことに気づかなかったブランドン。そんな彼が、ケリーの元恋人に嫉妬の炎を燃やす姿は必見です!

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
秘書とハンサムな悪魔

600円(+税)

ケイト・カーライル/大田朋子

ハーレクイン・ディザイア

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
七日間だけの愛人マンガ

500円(+税)

ケイト・カーライル/綾部瑞穂

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
甘い週末の代償

600円(+税)

ケイト・カーライル/藤峰みちか

ハーレクイン・ディザイア

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
七日間だけの愛人

600円(+税)

ケイト・カーライル/八坂よしみ

ハーレクイン・ディザイア

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
大富豪の意外な提案マンガ

500円(+税)

ケイト・カーライル/綾部瑞穂

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
大富豪の意外な提案

600円(+税)

ケイト・カーライル/すなみ翔

ハーレクイン・ディザイア

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ハーレクイン・ディザイアセット22

1140円(+税)

ケイト・カーライル/イヴォンヌ・リンゼイ/大田朋子/菊田千代子

ハーレクイン・デジタルセット

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ハーレクイン・ディザイアセット 1...

1140円(+税)

フィオナ・ブランド/ケイト・カーライル/大田朋子/すなみ翔

ハーレクイン・デジタルセット

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
秘書の華麗なる変身

600円(+税)

ケイト・カーライル/松島なお子

ハーレクイン・ディザイア

コインUPキャンペーン対象商品
価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら180コイン(※)
6 + 174コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです