セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

戦飯

戦飯-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
守屋弘太郎
ジャンル
文芸
日本文学
レーベル
実業之日本社文庫
出版社名
実業之日本社
配信開始日
2016年03月11日
ページ概数
248 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

うま~い飯が、史実を変える? 期待の隠し玉新人が送る戦国×飯×エンタメ登場! ――超高身長・2メートル近い恵体を誇る管理栄養士・緒方直哉は悩んでいた。妹の結婚式を彩るウェディングケーキを兄自ら考案することになったのは良いものの、ちっとも納得のいくアイディアが浮かばない――巨体に似合わぬちまちまとした作業にせっせと熱を注いでいるうちに自宅のキッチンで転倒。気が付けばそこは……戦国時代の伊達藩だった!? 宴の最中に突然天井から降ってきた直哉の巨体は伊達政宗公に直撃。当然ながら刺客の類と疑われ、命を取られるギリギリの状態に追い込まれた直哉は、思わずはったりをかましてみる……「俺の料理で、伊達藩を強くしてみます!!」 自身の天下取りを信じてやまない独眼竜・伊達政宗をはじめ、冷静沈着・知将の片倉小十郎、超絶無口ですぐ切りかかる伊達成実、ぶっきらぼうでオカネ大好き・くの一の霞とともに疾風怒涛の飯三昧!! 「俺、結婚式、でれんの……?」

(C)守屋弘太郎/実業之日本社

おすすめコメント

俺のレシピで天下統一!?みるみる空腹、究極飯エンタメ!

おいしいご飯は好きですか?可愛いくの一、好きですか?伊達政宗は好き……じゃなくても、大丈夫!身長2メートルの管理栄養士・直哉は、大事な妹のウエディングケーキを考案中になぜか戦国時代の伊達軍にタイムスリップ。あわや処刑の危機を「軍を強くする未来の料理」で乗り切るが――「アレ、帰れなくね??」あんなジビエにあーんな甘味、とーんだ忍にとんだ姫、あなたをお待ちかねです。

これもおすすめ! ( / )

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
花物語

910円(+税) (01/26まで)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
デスマーチからはじまる異世界狂想曲...

1200円(+税)

愛七ひろ/shri

カドカワBOOKS

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
超高速! 参勤交代 リターンズ

525円(+税) (01/26まで)

土橋章宏

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
探偵・日暮旅人の探し物

550円(+税)

山口幸三郎

メディアワークス文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
探偵・日暮旅人の失くし物

610円(+税)

山口幸三郎

メディアワークス文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説屋sari-sari 2017...

100円(+税)

小説屋sari-sari編集部編

小説屋sari-sari

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
コンビニ人間

1296円(+税)

村田沙耶香

文春e-Books

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。

1200円(+税)

スフレ/猫猫猫

カドカワBOOKS

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
戦飯

533円(+税)

守屋弘太郎

実業之日本社文庫

価格
533円 (+税)
576円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:5コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
233 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです