セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

THE HUNTERS ルーマニアの財宝列車を奪還せよ 下

THE HUNTERS ルーマニアの財宝列車を奪還せよ 下-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

クリス・カズネスキ
ジャンル
文芸
レーベル
竹書房文庫
シリーズ
THE HUNTERS ルーマニアの財宝列車を奪還せよ(竹書房文庫)
出版社名
竹書房
配信開始日
2016年05月20日
ページ概数
246 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

特別仕様の列車を駆り、財宝列車の軌跡をたどるコッブたちだったが、その行く手には様々な困難が待ち受けていた。謎のカルト教団ブラック・ローブズ、財宝の守護者を務める地図にもない村の住人たち。さらに仲間内での衝突が絶えないうえに、依頼主のパピノーも単なる道楽として財宝を探しているのではなく、何かを隠しているようだ。いったい誰が味方で誰が敵なのか? 信用できるのは誰なのか? 財宝を積んだ列車の在り処をどうにか突き止めた<ハンターズ>は、目当ての財宝のほかに、予想外の発見をすることになる。はたして財宝列車に隠された驚愕の真実とは!? 映画化決定!さまざまな分野のエキスパートたちが知識と経験を総動員させてミッションに挑む、一気読み必至のアクション&ミステリー!

THE HUNTERS ルーマニ... ( 2 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE HUNTERS ルーマニア...

750円(+税)

クリス・カズネスキ

竹書房文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE HUNTERS ルーマニア...

750円(+税)

クリス・カズネスキ

竹書房文庫

これもおすすめ! ( / )

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

364円(+税) (05/04まで)

太田紫織

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • 完結
乃木若葉は勇者である 上

日本国内のみ販売

朱白 あおい/タカヒロ(みなとそふと)/BUNBUN/Project 2H/D.K&JWWORKS

――

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
この世界がゲームだと俺だけが知って...

1000円(+税)

ウスバー/イチゼン

――

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ご懐妊!!

300円(+税) (05/04まで)

砂川雨路

ベリーズ文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
この世界がゲームだと俺だけが知って...

1200円(+税)

ウスバー/イチゼン

――

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
冷酷皇帝と偽りの花嫁~政略からはじ...

200円(+税) (05/04まで)

みなと蒼

マカロン文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サイコロジカル(下) 曳かれ者の小...

660円(+税)

西尾維新

講談社文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
この世界がゲームだと俺だけが知って...

1000円(+税)

ウスバー/イチゼン

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE HUNTERS ルーマニア...

750円(+税)

クリス・カズネスキ

竹書房文庫

価格
750円 (+税)
810円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:7コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
450 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです