ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

柳沢吉保――塗り替えられた元禄政治

著者
江宮隆之
価格
667円 667 (+税)
獲得コイン
6 コイン

獲得コイン6コインの内訳

通常購入分
6コイン
コインUPキャンペーン分
+0コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

なぜ悪名はでっち上げられたのか

時代劇ではいつも、「将軍・綱吉に取り入り、善良な人々を苦しめる悪徳大名」とされてきた側用人・柳沢吉保。

しかし彼は本当に悪い政治家だったのか? 本書はこの疑問を検証する。

それと同時に、5代将軍・徳川綱吉や当時の元禄時代についても再検証する。

教科書では、愚かな将軍・綱吉は犬に異常に執着して「生類憐れみの令」をつくり、民衆を苦しめたという。

これも果たして本当のことだったのだろうか。

綱吉の元禄時代とはまさに「経済の転換期」であった。 武士は軍人から官僚への変身を求められ、さまざまな権力の争いが行なわれていた。

その構造を理解することで、「なぜ柳沢吉保の悪名はでっち上げられたのか」が見えてくる。

【目次】
はじめに 柳沢吉保は本当に悪人だったのか
第一章 吉保と綱吉
第二章 将軍綱吉の実態
第三章 生類憐みの令の真実
第四章 吉保を巡る謎
第五章 吉保の真の実力
第六章 忠臣蔵の人々
第七章 負け組の悲願、甲府城主に
第八章 将軍綱吉の死
第九章 柳沢一族の繁栄
おわりに 三百年の無実の鬼、柳沢吉保

【著者略歴】
江宮隆之(えみや・たかゆき)
一九四八年山梨県生まれ。中央大学法学部卒業後、山梨日日新聞社入社、編制局長・論説委員長などを経てフリーに。一九八九年、『経清記』(新人物往来社)で第十三回歴史文学賞、一九九五年、『白磁の人』(河出書房新社)で第八回中村星湖文学賞を受賞。

Takayuki Emiya

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有
  • BWインディーズ 著者センター

「柳沢吉保――塗り替えられた元禄政治」を見ている人にこれもおすすめ

「柳沢吉保――塗り替えられた元禄政治」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
265

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2015/10/15
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューワー
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューワー
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面