セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

婚礼宮にさらわれて

婚礼宮にさらわれて-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
ジェイン・ポーター
翻訳者
松本果蓮
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
ハーレクイン・ロマンス
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2015年11月12日
ページ概数
170 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

彼女の罪――不法入国。その罰――国王との愛なき結婚!

父の詐欺事件に巻きこまれて破産したジェンマは、友人も知人も失い、明日の生活費にも困っていた。やっとつかんだ仕事のため、サイディアに入国したところ、書類の不備で捕らえられ、国王ミカエルの立ち会いのもと裁かれる。下された裁定は7年の服役か、国王の妻の一人となるか、だった。ミカエルを見ると、その目には軽蔑と怒りがこもっている。彼のたくましさも日に焼けた肌も黒い瞳も、なにもかもが恐ろしい。この結婚は、愛し愛される権利を私から永遠に奪う最悪の罰だ。結婚式もないまま、ジェンマは異国の宮殿に閉じこめられた。愛など望むべくもない。ただ、妻としての義務を果たすために。■『ギリシアの悪魔富豪』のヒロインの妹、ジェンマのロマンスをお贈りします。サイディアの王族がハネムーンを過ごすという“婚礼宮”で、ジェンマは一夜ごとに“純潔の間”“トパーズの間”“アメジストの間”“ルビーの間”……と8つの部屋を経て妻の悦びを教えられ……。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
異国から来たナイトマンガ

500円(+税)

ジェイン・ポーター/岸本景子

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
結婚という名の悪夢

600円(+税)

ジェイン・ポーター/漆原麗

ハーレクイン・ロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
クリスマス・ストーリー2011 四...

1000円(+税)

シャロン・ケンドリック/キャロル・モーティマー/ジェイン・ポーター/キャサリン・ジョージ/霜月桂/古沢絵里/藤倉詩音/上村悦子

クリスマス・ストーリー

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
王妃になる条件マンガ

500円(+税)

ジェイン・ポーター/宮本果林

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
愛の記憶を探しに

500円(+税)

ジェイン・ポーター/柿原日出子

ハーレクイン・ロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
結婚は誰のために

500円(+税)

ジェイン・ポーター/柿原日出子

ハーレクイン・ロマンス

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
美しき傷跡マンガ

500円(+税)

ジェイン・ポーター/暮林せな

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
孤独を抱きしめて

500円(+税)

ジェイン・ポーター/夏木さやか

ハーレクイン・ロマンス

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
婚礼宮にさらわれて

600円(+税)

ジェイン・ポーター/松本果蓮

ハーレクイン・ロマンス

コインUPキャンペーン対象商品
価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら180コイン(※)
6 + 174コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです