セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

ヒト・モノ・カネを自在に操る 孫子の兵法

ヒト・モノ・カネを自在に操る 孫子の兵法-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

飯島勲
ジャンル
実用
レーベル
――
シリーズ
ヒト・モノ・カネを自在に操る 孫子の兵法
出版社名
プレジデント社
配信開始日
2016年06月30日
ページ概数
167 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

やばすぎる男が書き下ろした、ヤバすぎる現代の兵法書。アメリカが日本の黒幕(“political-fixer”)と名指しした男、その名も、飯島勲。小泉純一郎内閣の首席秘書官として、安倍晋三内閣の内閣参与(特命担当)として、官邸の中枢で執務しながらも、決して表に出ることなく長期政権を支えている。「兵は詭道なり」「人を致して人に致されず」「迂をもって直となす」「始めは処女の如くにして」。これらの孫子の言葉は、現代ビジネスマンが勝ち残りのために絶対的に必要なものだと著者は断言する。現代の日本における最も激しい権力闘争の場は永田町にあるといっても過言ではない。そこで権力を握ったノウハウを一挙に公開する。著者にとって最初で最後の「戦略本」は、2500年の時を超えた“軍師”2人の最強のコラボレーションなのである。巻末には、第68代横綱・朝青龍との頂上対談を収録。【著者紹介】飯島 勲(いいじま・いさお) 内閣参与(特命担当)。1945年、長野県辰野町生まれ。小泉純一郎元総理首席秘書官。現在、内閣参与(特命担当)、松本歯科大学特任教授、ウガンダ共和国政府顧問、シエラレオネ共和国名誉総領事、コソボ共和国名誉総領事。著書に『権力の秘密』『ひみつの教養』ほか。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1105 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
連合艦隊の使い方

680円(+税)

横須賀歴史研究室

漫画でわかる

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
知っておきたい結び方の教科書

480円(+税)

『知っておきたい結び方の教科書』製作委員

サクラBooks

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
男が知りたい女のからだ なかなか聞...

860円(+税)

河野美香

ブルーバックス

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アメリカの小学校教科書ドリルでおも...

398円(+税)

松浦庸夫

impress QuickBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2016年12月19日号No...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
1分間「英会話」BOOK ――1日...

400円(+税)

晴山陽一

impress QuickBooks

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ヒト・モノ・カネを自在に操る 孫子...

1500円(+税)

飯島勲

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1500円 (+税)
1620円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら450コイン(※)
15 + 435コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1200 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです